ドクター紹介

各科のスペシャリスト

 

◆虹梅診療所

 

古川裕三医師写真153200 内科医師 
古川 裕三 医師
2002年上海中医薬大学卒上海中医薬大学を卒業後、上海中医薬大学付属岳陽病院で研修を積み、上海浦南病院、上海市内日系クリニックで治療に携わるとともに、日本語の中医学コラムの執筆や講座などを定期的に開催し、中医学の普及に貢献してきました。一般内科を始め、皮膚科、アレルギー疾患、消化器疾患、生活習慣病などの治療が得意です。総合病院での経験を活かし、中医学が効果的な症状と西洋医学が効果的な症状を見極め、的確に治療とアドバイスをするのが特徴です。
 
名称未設定 内科医師 
王 正中 医師
1980年上海中医薬大学卒企業での産業医、東華大学病院、瑞虹中医医院、悦和堂中医院にて治療に携わってきました。一般内科を始め、消化器疾患、循環器疾患、皮膚症状やアレルギーなどの治療が得意です。診察の際に食事の指導や、症状を緩和するためのマッサージ方法を指導するなど、豊富な知識で患者様の健康のサポートをするのが特徴です。
楊 依群(Serena)写真153200  

婦人科専門・鍼灸科 医師

楊 依群(セリーナ) 医師

[SERENA YANG]

セリーナ先生は、上海中医薬大学で漢方医学の学位を取得し、TCMと鍼治療を専攻しました。婦人中医学科の権威である、朱南孙先生の基で勉強し、実践を積んできた彼女は、月経困難症、PMS、更年期障害、不妊などの婦人科疾患の治療を専門としています。漢方薬と鍼治療の組み合わせで、婦人科疾患だけでなく、不眠症、不安、頭痛、消化器疾患のための効果的な治癒プログラムも提案できる医師です。
Matthew-Stevens  

オステオパシー・医療マッサージ

マシュー スティーブンス 

[Matthew Stevens]

 英国・ニュージーランド・日本において、20 年以上オステオパシー施術 師としての経験を積み、ミラノでは講師を歴任。オステオパシーを軸とし た医療マッサージと、中医学の鍼灸治療などの技術を織り交ぜた統合 療法を取り入れ、特に、慢性の痛みやスポーツによる損傷治療に、定 評がある理学療法士です。
Marla-Anastasia-Sulindro-写真153200  

鍼灸科 医師 推拿(医療マッサージ)

マーラ アネスタシア 医師

[MARLA ANASTASIA SULINDRO]

インドネシア出身のマーラ先生は、上海中医薬大学で医学修士号を取得し、TCMオステオパシー&トラウマトロジーも専攻しています。特に、疼痛管理、内科および筋骨格系疾患の治療が得意の医師。また、成都中医薬大学で鍼灸学の学士号を取得しており、症状によって漢方薬や鍼治療、また、推拿(医療マッサージ)やかっさやカッピングも組み合わせて治療しています。

 

 

◆黄浦診療所

 

内科医師 
芦田 明日香 医師
1999年上海中医薬大学卒上海中医薬大学を卒業後、上海中医薬大学付属曙光病院で研修を積み、インドネシア、ニュージーランドの中医クリニックで治療に携わってきました。一般内科、婦人科を始め、睡眠障害、気分障害、抑うつなど、心療内科症状などの治療が得意です。単純に症状に対する治療をするだけではなく、落ち着いてゆっくりと話を聞き、患者様の心のしこりを取り除いたり、症状によるストレスなどをほぐしたりしながら快方に導いていくのが特徴です。
 
婦人科医師
劉 愛武 医師
1982年上海中医薬大学卒上海中医薬大学付属曙光病院にて婦人科医として長年臨床に携わると共に、准教授として上海中医薬大学で学生指導も行ってきました。月経不順や月経痛、月経前症候群、不妊症、更年期障害、産後の不調などを始め、女性に起きやすい症状を中心に治療致します。女性特有の疾患には精神的な要素が絡むことが多く、心と身体両方向からの治療が必要であると考える劉先生は、患者様がリラックスできるように診察と治療を進めるのが特徴です。
14 内科医師
黄 健理 医師 
1967年上海中医薬大学卒上海中医薬大学付属曙光病院にて20年以上の勤務経験の後日本へ渡り、帯津敬三塾クリニック、吉祥寺中医クリニック、昭和クリニック、東京中医学研究所にて20年にわたり日本でも臨床で治療に携わってきました。多数の医学専門誌に中医学論文も発表しており、日本・中国両国において各種雑誌の記事を書かれたり、テレビ出演もされたりした経験のある先生です。慢性疾患やアトピーなどの皮膚疾患、生活習慣病、不眠症などを始め、内科の治療に対し豊富な経験があり、特に日本での臨床経験が長いので、日本人の生活習慣や体質への理解が深いのが特徴です。
内科・鍼灸科医師 
鄭 淑華 医師
1986年上海中医薬大学卒上海中医医院、オーストリアの著名総合病院にて勤務する傍ら、免疫学の権威である沈丕安と共に長年免疫疾患の治療研究にも携わったり、日本で中医学の普及をしたりしてきました。数多くの中医学論文も発表しており、免疫疾患、皮膚科疾患、消化器症状、睡眠障害、代謝疾患、生活習慣病、月経障害、腰痛、首肩痛など、治療範囲は広範囲にわたります。症状改善のために、生活習慣や食事まで細かく指導をし、生活を変える為にはどうしたらいいか患者様と一緒に考えたり励ましたりしながら熱心に治療をするのが特徴です。
Viviane-Li先生写真153200 婦人科内科専門・鍼灸科 医師
李 雨薇(ビビアン) 医師 
[VIVIANE LI]
ビビアン先生は、上海中医薬大学で鍼と推拿マッサージを専攻し、漢方医学の修士号を取得しました。中国医学の国際病院部門で5年の臨床経験を持ち、婦人科疾患(月経困難症、更年期障害、不妊症、子宮筋腫、多嚢胞性卵巣症候群など)、および内分泌学も専門としています。漢方薬と鍼灸を併用した治療で、他にも、皮膚科や消化器系疾患ための効果的な治癒療法を実施している医師です。
 

婦人科・小児科医師

崔 桂琴 医師

1976年上海中医薬大学卒上海香山病院、上海卢湾区産婦人科小児科医院、上海衛生局にて長年治療と医療の指導に携わってきました。子供の病気に対する専門性が特に高く、身体の機能や抵抗力が未熟な子供特有の症状を快方に導きます。また、婦人科の疾患の治療経験も豊富で、月経不順や、生理痛、月経前症候群、更年期障害、産後の不調などを始め、婦人科の治療も行います。
john  

スポーツ損傷リハビリテーション・理学療法
ジョン 鐘 
[John Zhong]

アメリカに学び、運動損傷リハビリテーションの理学療法士ライセンスを取得。また4年間NCAA大学スポーツチームにて、選手のサポート治療を経験した、スポーツリハビリテーション治療のスペシャリスト。姿勢調整から身体機能の回復も可能な理学療法士です。得意な治療例:スポーツの損傷と治療/運動後のリハビリ/膝、足首関節の捻挫/テニス肘/首と肩の痛みなど、筋肉や関節の慢性損傷の治療など
Alessandro-Ciullo 写真153200  

オステオパシー・医療マッサージ

アレッサンドロ シリュー

[ALESSANDRO CIULLO]

アレッサンドロ先生は2000年、ミラノ大学から理学療法の学位を取得し、リハビリテーションセンターと私立の運動学クリニックで働いた後、2009年にオステオパシーの資格を取得。理学療法とオステオパシーを組み合わせ、慢性的な痛みや、スポーツやその他の怪我の治療を実施しています。彼はまた、上海でもアスリート(上海のロレックスマスターズの選手)やパフォーマー(シルク・ドゥ・ソレイユなど、様々な芸術作品のパフォーマーなど)の治療に携わった、豊富な経験を持っている先生です。また、彼は側弯症の治療や、頭痛や偏頭痛、裂孔ヘルニアのための整体治療(頭蓋仙骨療法を含む)の他、そして新生児や小児のオステオパシーも専門としています。

 

 

◆浦東診療所

Joe-鄭-写真153200aa 内科/鍼灸科 医師 推拿(医療マッサージ)
ジョー・鄭 医師
[JOE TEH]
上海中医薬大学で医学修士号を取得。ジョー先生は、内科疾患、消化器科および婦人科疾患の治療を専門としています。また、一般内科疾患や、アレルギー、消化器系疾患、睡眠障害、頭痛、不安、などの治療でも豊富な経験を持ち、漢方と鍼治療、そして必要に応じて推拿マッサージを組み合わせながら、患者の治療と症状の緩和を図っています。
18  

鍼灸科医師 

蘇 麗敏 医師

1977年上海中医薬大学卒上海中医薬大学付属曙光病院にて長年上級鍼灸医師として治療に携わり、中国保険省医学チームの代表としてモロッコに3度渡った経験もあります。腰痛、首肩痛、神経痛など各種痛みの治療の他、顔面麻痺、不眠症、耳鳴り、月経不順など数多くの疾患の治療実績を残している先生です。治療効果にこだわり、長年の臨床経験に基づいてツボを選び、刺激する蘇先生の治療方法は安定した治療効果があります。
 
Andrea-Brisson- カイロプラクティック・理学療法
アンドレア ブリッスン
[Andrea Brisson]
  理学療法士としてのキャリアを積み、その後カイロプラクテックの 博士号を取得し、自然療法師としての資格も取得。30 年以上の 医療現場での経験を持ち、豊富な知識と技術を用いた、独自の アプローチで治療方針を立てていきます。慢性痛治療、骨盤調整 など体の歪みの矯正リハビリテーションに定評がある理学療法 士です。