BODY&SOULとは

【古川先生の診察を取材】遠方在住でも大丈夫!繰り返す蕁麻疹(じんましん)を漢方で治療!

リンク

 

main2

 

 

未标题-1 

pdf-1

 

Aさんは現在北京にお住まいですが、2~3ヶ月に一度ほどのペースで上海にいらっしゃる機会があるそうです。
今回は上海に来たタイミングで、こちらのクリニックに来院され、診察を受けることができました。直接診察を受けることが難しい方はオンラインでの無料相談も行っていますのでご相談ください。

 

今回Aさんが蕁麻疹(じんましん)の相談をした古川先生は、このような先生です。

 

pdf-2

 

 

 

いよいよ問診スタート!

 

pdf-3

 

Aさんは、暖かくなるとともに、抗アレルギー剤を1日2回飲まないと赤みと痒みが 引かない状態になってしまったそう。そのせいか、薬の副作用で眠気、だるさがでてしまい、日中の仕事に支障をきたすとのことでした。

 

pdf-4

 

IgEとはIgE 抗体のことで、この総量が多いほど、アレルギー反応が起こりやすくなります。さらに何に反応するかが判明すれば、原因が特定されますが、Aさんの場合は、判断がつかなかったようです。

 

pdf-5

 

pdf-6

 

強い眠気が出るため、Aさんは極力薬を飲みたくないそうなのですが、痒みが我慢できず、 結果1日2回ほどもアレルギーを抑える薬(抗アレルギー剤)を飲んでしまうとのこと。

 

1610350   2614473

 

 

この後も、汗はかきやすいか、鼻水や鼻づまり、喉の異物感があるか、よく眠れているか、お腹が冷えるか、食欲はあるか、便通はどうか、辛いものは好きか、のどが乾くかなど、 一見蕁麻疹とどう関係があるのか少々わかりにくい問診を、時間をかけて行っていました。

 

 

 

次は舌の色と状態を診ていきます

 

次に、舌を診る「舌診」を行います。

 

pdf-7

 

Aさんの舌を診た古川先生は、白く厚い苔が付いていることを指摘しました。

 

4

 

 

pdf-9

 

 

 

次に脈を診ていきます

 

pdf-8

 

左右両方の手首から脈を診る古川先生。

 

pdf-10

 

古川先生は脈を診て次のように診断しました。

 

左の脈が弱い

→心臓と肝臓の血が足りておらず、栄養不足。そのため末端(皮膚)まで栄養がいきわたらず、蕁麻疹が出てきているのではないか。

右の脈は強い

→食欲が非常にある状態。しかし、消化吸収が追いついておらず、舌に苔、そして皮膚に蕁麻疹が出やすくなっているのではないか。

 

pdf-11

 

 

 

問診からも色々とわかることが…

 

古川先生は、先ほどの問診から、他にもいくつか気になる点を指摘しました。

 

pdf-12

 

一見すると蕁麻疹とは関係ないような質問からでも、古川先生はその断片を集めて原因を考察していきます。

 

pdf-13

 

 

 

最後に漢方を処方します

 

2392159

 

診察の結果…

 

pdf-14

 

 

mmexport500

 

漢方薬はこのように小袋に分かれており、全て混ぜた上、お湯に溶かせるので、非常に簡単に数種類が一度に服用できます。

 

 

 

次回の来院は?

 

今回は初診ということで、じっくりと1時間ほどかけて診察をしたAさん。約1か月分の漢方薬を処方され、持ち帰りました。しかしAさんは現在北京にお住まいのため、 次回はいつ来院できるかわかりません。

そんな時でも大丈夫!

 

Aさんがクリニックに足を運んだ3週間ほど後に、Aさんは古川先生とビデオ通話で現在の様子を確認。

 

online500

 

Aさんは、漢方薬をしっかりと服用すると同時に、食物繊維を多めにとる、お酒、辛いものは控えめになどのライフスタイルにも気を付けているようです。
その結果、蕁麻疹は減り、1日に2回も飲んでいた薬(抗アレルギー剤)は、2~3日に1回程度で良くなり、お腹の張りも取れてきたそうです。

 

5

        順調にいっており安心する古川先生

 

ただ、3ヶ月ほどで治療を終わらせたいと考えていたAさんでしたが、舌の苔がまだ多いため、半年は続けないといけないだろうと推察する先生。慢性化してしまうと、根気よくじっくりと治療することが大事だと言います。長い方では1年半ほどかかるそう。
そのうちに蕁麻疹の薬(抗アレルギー剤)の量がさらに減っていき、その結果少量でも効果が出るという好循環になります。

次回上海に来られる際にまた、クリニックに立ち寄ってもらうことになりました。

 

 

 

取材してみて

 

筆者は大人になってから蕁麻疹は出たことがないが、慢性化すると非常につらく、薬なしでは生活できないとも聞く。ひどくなると痒みで夜も眠れないとか。
しかし抗アレルギー剤に頼ってしまうと、今度は眠気やだるさで日常生活に差し支えてしまう。非常に厄介だ。

検査などですぐに根本的な原因がわかれば話は早いが、今回のAさんのように、原因がわからないままひどくなる症例もたくさんあるそうだ。
古川先生は、問診をして小さな事象も見逃さず、丁寧に原因を探っていく。その中にはヒントが必ず転がっており、そのヒントを元に漢方を処方していく。
漢方治療中も何度も話を聞き、漢方の種類や量を微調整する。結果、一時的に症状が軽くなるのではなく、根本治療の成功に向かうのだという。
今回もまた、東洋医学の奥深さに触れることになった。

 

6

 

今回、相談を行った古川先生の診察は、黄浦クリニックと虹梅路クリニックで、夜20:00まで受けられます。

 

3

 

また、土曜日でも診察治療が可能なので、仕事の後や昼間の忙しさの後でもご連絡いただけます!

 

 

 

 

診察予約はこちら

 

 

なんでも相談はこちら

 

 

保険についてのご質問や、オンラインでの相談についてなど、 なんでもご質問ください! 

 

 


「湿邪(しつじゃ)」を改善する!梅雨前の薬膳料理

リンク

 

main

 

中国4千年の「中医学(漢方医学)」の理論をベースに、中医学ドクターが季節に応じた薬膳料理レシピをお伝えする「カンタン!薬膳料理」シリーズ!

 

5月の今回の薬膳料理レシピは、梅雨前のこの季節の不調に多い「湿邪を改善する!」が テーマです。

 

 

「湿邪(しつじゃ)」とは?

 

5月は春から夏に変わる季節。暦の上では5月5日・6日頃から立夏になります。

この梅雨が近づく 5 月は、徐々に湿気が多くなってくる時季。からだの中も余計な水分 がたまり、だるさやむくみが出やすくなります。中医学では、この余分な水分を「湿(し つ)」といい、これがわたしたちに悪影響を及ぼすと「湿邪」となって、頭が締めつけら れるような痛みになったり、湿疹ができたり、足がむくんだり、下痢になったり、食欲が なくなったりすると考えられています。

 

25414851365694

 

こういった症状を改善させるには、カラダの内側にたまった湿(内湿:ないしつ)と、外 から入ってくる湿(外湿:がいしつ)をいかに取り除くかがポイントになってきます。
これからくる梅雨本番に備え、「脾」をいたわり、からだの巡りをよくし、「湿」をからだの外に追い出す習慣をつけましょう。

 

 

「湿邪」をデトックスする薬膳料理で「梅雨」対策

 

「薬膳」と聞くと、とてもハードルが高いイメージがありますが、季節や体質・体調を考慮して、普段からの食材の特性を考えて組み合わせることも、立派な「薬膳」料理です。 旬の野菜は手に入りやすく、お値段もお手頃。

 

難しい材料を使わず、普段の食材の組み合わせを工夫するだけで、いつもの食材が「薬膳」に!

 

さあ、梅雨の季節に備えて5月のお野菜を使って「湿邪(しつじゃ)」対策しましょう!

 

 

湿邪対策!偏頭痛やむくみを抑えるレシピ
「ひよこ豆と香菜のドライカレー(ヨクイニンライス)」

 

pdf-3

 

調理時間: 20分

 

材料 2~3 人前

 

(ドライカレー)

ひき肉……200g
ひよこ豆の水煮(缶)……100g
コーンの水煮(缶)……50g
セロリ……1 本
香菜(パクチー)……1 束
玉ネギ……1/2個
トマトの水煮(缶)……200g
ニンニク……2かけ
ショウガ……1かけ
カレー粉……大さじ2
コンソメの素……小さじ1
中濃ソース……大さじ1
塩コショウ……適宜
サラダ油……適量

 

1

 

★ひよこ豆の水煮やコーンの水煮、トマトの水煮は缶詰で上海でもスーパーで購入できま す。

 

5

 

(ヨクイニンライス)

お米……2合
ヨクイニン……カップ1/3

 

11

 

【下ごしらえ】

★前日の夜に、お米2合を研いで2合分のお水を足したら、カップ 1/3 のヨクイニンを入れて一晩寝かせます。翌日の朝に、炊飯器で普通炊きし、ヨクイニンライスを作っておきます。

dami

 

【作り方】

1. ニンニク、ショウガ、玉ネギ、セロリ、香菜はみじん切りにします。また、水煮 のひよこ豆と水煮のコーンはさっと水で洗っておきましょう。

9

 

2. フライパンにサラダ油を入れ、ニンニク、ショウガを炒め、香りがでたら玉ネギ、 セロリ、ひき肉、カレー粉の順に入れてさらに炒めます。

10 4

 

3. 2にひよこ豆、コーン、トマトの水煮、コンソメの素、中濃ソースを加え 5~10分ほど煮込みます。

 

7

 

4. 最後に香菜を加えてひと煮立ちさせます。
※香菜の苦手な方は入れなくてもOK。

6

 

5. 塩コショウで味を調えて、炊きあがったヨクイニンライスの上に盛り付けたら出来上がり!

8

 

 

 

古川先生による「湿邪改善」のための薬膳食材講座

 

今回、レシピ監修をされた古川先生に、湿邪を改善する食材を教えてもらいました。

 

4250

 

 

ひよこ豆

カラダを温める平性の食材。消化機能を整えて元気を補い、胃腸の働きを高め、余分な水分を除く作用もあります。9種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれている健康食材でもあります。

 

food_hiyokomame

 

 

香菜

温性の食材で、身体に溜まった湿邪を汗をかかせ追いはらい、消化を促し食欲を増進させ る作用があります。お腹の張りにもよい「ゲンスイ」という生薬の素になっている食材で す。香菜にはビタミンCの量が普通の野菜よりも多く含まれているので、積極的に摂取してほしい食材でもあります。

 

vegetable_pakuchi_coriander_dish

 

 

ターメリック

寒性の食材で、辛く苦い味がします。湿気に影響を受けやすい胃腸や胆嚢の働きを促進させ、憂鬱な気持ちを緩和する作用があります。また血行改善効果もあり、緊張やアルコー ル摂取などで増加する酸化ストレス「活性酸素」を抑制する作用もあります。

 

cooking_spice_turmericvegetable_ukon_turmeric

 

 

クミン

温性で、お腹が冷えることで消化不良や腹痛になる人によい食材です。身体が冷えると湿邪も溜まりやすくなるので、温性であるクミンを摂取することも効果的です。また、月経痛や月経の不調にも調節効果があるとされています。

 

cooking_cumin_powdercooking_cumin_seed

 

 

ヨクイニン

生薬では「ヨクイニン」と呼ばれています、漢方では薬になります。清熱解毒作用がある ので、ウィルス性のイボに効果があります。また、利尿作用もあるので体内に溜まった湿 邪を外に排泄させる作用にもなります。また、整腸作用があり慢性の下痢の人は積極的に 摂取したい食材です。

 

1122522

 

上記の食材は、今回紹介した「ひよこ豆と香菜のドライカレー」にすべて入っているので、6月の湿気の多い時期に備えて、是非、作ってみてくださいね!

 

 

今回、レシピ監修をされた古川先生の診察は、黄浦クリニックと虹梅路クリニックで、夜20:00まで受けられます。

 

先生

 

土曜日でも診察が可能ですので、梅雨時の体調不良でお悩みの方は、西洋治療や薬膳にも詳しい古川先生に一度相談してみてください。

お問い合わせをお待ちしています。

 

 

 

 

診察予約はこちら

 

 

なんでも相談はこちら

 

 

 

★保険についてのご質問や、どの先生に診てもらえばいいどの?漢方薬は苦い の?など、なんでもご質問ください!

 


悩んでる方必見!人間関係をスムーズにする漢方理論を学ぼう!

リンク

 

main500

 

上海に暮らしていても、人間関係に悩むことは多いですよね。言葉が通じない場合は なおさらのこと、言葉が通じ合う相手でも、なぜこんなに合わないんだろう…と悩む ことはしばしば。

 

sns_tsukare_man500

 

そんな時に、漢方中医学の「五行学説」理論を少し学んでいると、相性が悪い相手で も何が合わないかが理解でき、その結果、争いも減ってお互いの長所を活用しあうこ とができるようにもなるんです。
今日は、そんな「中国に今から 2000 年以上前に考え出された、中国古代哲学」を学 び、人間関係をスムーズにするためのエッセンスとして取り入れてみましょう!

 

 

五行学説って何?

 

五行学説とは、宇宙に存在するすべての物事・事象を「木・火・土・金・水」の五行 に分類し、個々の性質や相互の関係を把握する考え方です。これは世の中の法則とも いえる考え方で、今から 2000 年以上前に考えられたにも関わらず、現在でも漢方中 医学の診察の基本の1つにもなっています。この理論のすごい所は、「すべての物 事・事象」について成り立つという所です。

 

1500

 

通常の診察の時は、この「木・火・土・金・水」の五行を、人間の臓器や感情、味覚、季節など様々な事象に対して分類して、診断結果を出しているのですが、今回はテーマが「人間関係をスムーズにする」ということなので、この五行を人間の性格で分類してみることにします。

 

 

まずチェック!自分はどのタイプ?

 

全部で30問の質問があります。自分に「当てはまる」「どちらかと言えば当てはまる」場合に○をつけてください。

 

4500

 

5500

 

【診断結果】

質問事項のそれぞれの○の数が最も多いものがあなたのタイプです。

No.1~6 が一番多かった人は・・・【木】タイプ

No.7~12 が一番多かった人は・・・【火】タイプ

No.13~18 が一番多かった人は・・・【土】タイプ

No.19~24 が一番多かった人は・・・【金】タイプ

No.25~30 が一番多かった人は・・・【水】タイプ

※いくつかの項目で○の数が同数の場合は、複数のタイプを持っていることになります。例えば、もともとは【土】タイプだけど、成長につれて【金】タイプになったなど。

 

 

タイプ別に性格を分析してみましょう!

 

自分は何タイプかわかりましたか?次に、【木】【火】【土】【金】【水】タイプ別 に自分の性格を分析してみましょう。また、自分のご家族やお子さん、会社の同僚や 上司、近所のお友達なども、接した感じで上記のタイプ別に分類してみましょう。

自分の性格を理解すれば、どんなタイプと相性がいいか?またどんなタイプと組むと より成果が上がりやすいか?もわかってきます。

 

【木】タイプ

 

tree_seichou07

 

誠実で面倒見が良い。情け深い。自分を客観的にみることができ何事も冷静で判断力がある。

逆に損得計算しがちで、余計なことはしない傾向。

大きな失敗をしない一方、マニュアル的で独創性に欠ける。

確実に物事を進める実行力にたけるので、チーム段取りの仕事などが向いている。

 

★相性のいいタイプ・・・【水】タイプ【火】タイプ
★相性の良くないタイプ・・・【土】タイプ【金】タイプ

 

 

【火】タイプ 

takibi4_fire_big

 

好奇心にあふれ、自由で欲望のまま、直観的に判断行動する。

自分でやりたい、感じたい欲求が強い。

子供のように純粋でたくましい心を持つ。熱くなりやすく冷めやすい性格、単純だがやる気になった時は凄い力を発揮する。

 

★相性のいいタイプ・・・【木】タイプ【土】タイプ
★相性の良くないタイプ・・・【水】タイプ【金】タイプ

 

 

【土】タイプ 
shisou_gogyou

皆を優しく見守るタイプ、何を言っても受け止めてくれるので相談されやすい。

人の気持ちを汲み取り共感し、人を親身に受け入れ育てることができる。ただ、情に引きずられることも。目立たないが実は縁の下の力持ち。

 

★相性のいいタイプ・・・【火】タイプ【金】タイプ
★相性の良くないタイプ・・・【木】タイプ【水】タイプ

 

 

【金】タイプ
gold_kinkai_nobebou
 

社交性にたけている。対外的に自分がどうあるべきか気にする。自分を厳しく律し、統制気質、頑固な一面もあるため父親のような存在。

正義感が強く白か黒かがいつもはっきりしていて、向上心が高くいつも自分の意見を素直に言える。

 

★相性のいいタイプ・・・【土】タイプ【水】タイプ
★相性の良くないタイプ・・・【木】タイプ【火】タイプ

 

 

【水】タイプ
water_shizuku

水は周囲に同調する気質。人の顔色を窺いがちで、追従的な傾向が ある。
水が不定型でどのような器にも収まることから世渡り上手。
相手の顔色を読み取る能力が優れているので非常に気が利きます。
また争いごとに関わらない特徴がある。いつも冷静に物事を見ていて判断力に優れている為、皆に一目置かれている。

 

★相性のいいタイプ・・・【金】タイプ【木】タイプ
★相性の良くないタイプ・・・【火】タイプ【土】タイプ

 

 

相性が合わないタイプの人との接し方

 

では、相性が合わない人とはどのように付き合えばいいのでしょうか。
相性の悪い相手の対処法を学ぶには、この五行学説の成り立ちを考える必要があります。

 

2500

 

 

この図は、【木】は燃えると【火】を生み→【火】で燃やすと【土】が生まれ→ 【土】は鉱石【金】を生み→【金】は(鉱石)から【水】が湧き→【水】【木】を 育てる・・・・という自然の摂理を表しています。
このように自然界はお互いに影響しあいながら、世界を作り出しているのです。 今回はこの理論をもとに、人間関係のバランスや相性の悪い人への対処方法を考えます。

 

切られることは悪くない??

たとえば【木】は「金属」に切られますが、だから「木(木タイプ)」は「金属(金 タイプ)」に弱くてダメなのではなく、「金属(金タイプ)」によって自分では思い もつかなかった形(発想)を得られるという考え方もあります。

 

3500

 

時には形を変えてみることも

「火」は【金(金属)】を溶かしますが、「金属(金タイプ)」は「火(火タイ プ)」によって柔らかくなる、つまり柔軟性を学ぶことができます。

 

堰き止められたら考えるチャンス

【水】は「土」によって流れを堰き止められますが、「水(水タイプ)」は「土(土 タイプ)」によって一旦、その場に留まり考えることを促してくれます。

 

時にはクールダウンしてみる

「水」は【火】を消してしまうけれど、「水(水タイプ)」は「火(火タイプ)」の カッとなりやすい性格を冷静沈着にしてくれるでしょう。

相性が悪いと言っても、人には誰にでも良い面と悪い面があるので、自分の考え方や 心の持ち方ひとつで、相手との関係が変わることが充分に考えられます。
このように、たとえ相性の悪い相手であっても、相手をどのように理解しどのように 接するかで、人と人との相性は変わっていきます。

 

figure_ningenkankei_fukuzatsu500

 

 

大切なのは「相性をきちんと理解して、対処する」ということ!
今苦手だと思っているあの人も、将来、自分の成長を助けてくれるかもしれません。
中国古代 2000 年前の人が導き出したこの五行学説は、「5 つのタイプの人がそれぞれ 長所を伸ばし、弱点を補い合い、また励まし合い、指摘し合える関係が実現すると、 自然界同様、皆が成長できる最高のチームが形成されていく」と教えてくれています。

皆さんもぜひ!この五行学説も日常で活かして、新しい目で人間関係を見つめ直して みてはいかがでしょう。

 

 

診察予約はこちら

 

 

なんでも相談はこちら

 

 

★保険についてのご質問や、どの先生に診てもらえばいいどの?

漢方薬は苦い の?など、なんでもご質問ください! 

 

 

 


【已结束】10月11日「秋季养生讲座」

本讲座已结束

 

标题500-

 

上海高岛屋2楼的vip室将举行”秋季养生”的讲座,限定12名 (中国人),有兴趣的请快快申请参加吧!

 

イメージ1500

 

イメージ2500

 

内容500

 

日期500

 

 

参加費の枠350

 

 

 

未标题-1

 

郑淑华医生介绍

 

1986年毕业于上海中医药大学。曾在上海市中医医院和奥地利Diakoniessen医院工作,师从上海名老中医,免疫学专家沈丕安教授,从事中医治疗SLE的临床研究多年。

 

擅长灵活运用针灸,中药等治疗免疫性疾病,痛证,消化道疾病,高脂血症,高血压病,失眠,痛经,月经失调,亚健康状态的调理等。特别注重预防疾病,按照患者的症情,给患者提供有关于饮食起居,情志調摄,运动等养生建议,并为患者制定个性化的治疗方案。

 

临床擅长治疗SLE,类风关,银屑病,过敏,急慢性颈腰椎疼痛,坐骨神经痛,带状疱疹后疼痛,胃肠道疾病,高脂血症,高血压病,失眠,痛经,月经失调,备孕,围绝经期综合征,亚健康调理等。

 

 


 

 

在线预约

 

① 邮件预约

■姓名(必須)

 

■邮箱(必須)

 

■电话号码(必須)

 

■参加人数(2名以上的请填写所有参加者姓名)(必須)

 

■您的症状、想要咨询的内容

 


 

② 电话

 

138-1704-4822(郭)

 

15000-62-1500(日语)

 

中国で唯一の外国人専用の中医専門のクリニック

       General Manager

        Doris Rathgeber

 

 

 私たちBODY&SOULメディカルクリニックは、中国で唯一の外国人専用の中医専門のクリニックです。西洋医学と東洋医学双方の考えを基本とした医療機関で、クリニックの名称「Body and Soul」は中国伝統医学に通じており、身体だけでなく心の問題も同時に重要視する事を意味しています。クリニックは黄浦診療所・虹梅診療所・浦東診療所の3ヶ所があり、いずれも上海市内の中心部にあります。

 

医療スタッフは、経験豊かな日本人中医師と欧米人中医師とセラピストから構成されており、語学的にも環境的にもストレスフリーな治療環境で、心と身体の両方から治療を行なうことを目的としています。当医院は中医学専門クリニックですので各科(婦人科・小児科・皮膚科・アレルギー科・内科・鍼灸科)にはそれぞれの専門におけるスペシャリスな中国人中医師が常駐しており、各専門科の医師(中国人)の診察には、日本人ドクターが通訳を行います。このように、各科のカンファレンスを通じて、あらゆるアプローチから総合的に患者様の病気のケアを行っています。また、「身体だけでなく心の問題も同時に重要視する」という考えから、日本人の臨床心理士も常駐し、気軽に心理カウンセリングができる環境を整えています。さらに一般検査(血液検査・尿検査・婦人科検査)やX-Ray・CT・MRIなどの検査も実施しながら、漢方治療も行う、いわゆる西中融合医療に取り組んでいるのも特徴です。

 

心と身体をともに治療していく考え方から、待合室ではアロマが焚かれ、環境音楽が流れる中、初診でおひとり1時間、再診で30分という時間をかけて、しっかりコンサルテーションを行っています。診察後は、ドクターの指示の下、それぞれの症状に合わせたオリジナル漢方アロマ茶を楽しんでいただきながら、ゆったりとした時間の中でしばしくつろいでいただきます。

 

処方される漢方薬(生薬)は、従来の煎じて飲む生薬や煎じた液をパックしてお渡しする生薬ではなく、出張や旅行などのお出かけにも携帯しやすい、溶かして飲むパウダー状の生薬(中国でも最新の生薬)を導入しています。この生薬は、生薬名・グラム数・賞味期限まで明記されていますので、安心してご利用いただけます。

私たちのクリニックは、すべてのスタッフに愛と思いやりの精神があり、常に患者のために今自分は何が出来るかを考え、スタッフ全員が協力し合ってそれぞれの仕事を進めています。経験豊富なドクターも患者のため、あらゆる方向からコンサルテーション協力をし、最善の方法を提供しています。

 

※海外旅行傷害保険、日本の社会保険・国民健康保険にも対応しています