NEWS

 「健康になるダイエット」を始めよう!

 

main500

 

 

「健康になるダイエット」を始めよう!

 

長期間の自宅待機が終わり、徐々に会社での仕事も増えてきている頃だと思います。

しかし、1月末から始まった長期の自宅待機で、身体を動かすことが極端に少なくなり、体重も急激に増えてしまった方もいるのではないでしょうか?

 

今回は、そんな方々に「健康になるダイエット」法をご紹介します。

 

この記事は過去に何回もダイエットを失敗してきた人にも、読んでもらえたらと思っています。「健康になるダイエットとはどういうものなのか?」、「どういう順番でダイエットを考え実践していけばいいのか?」をまとめてみました。

 

 

健康になるダイエット方法

 

1)ダイエット鍼とダイエット漢方

 

 

「漢方薬」

 

 

1500

 

暴飲暴食を続けてしまった身体には、脂肪の他に老廃物も溜まってしまいます。 この老廃物が原因で、血液の流れが悪くなり、代謝が落ちていきます。太りやすい体質は五臓六腑の「肝」「脾」「腎」の乱れと深い関係があります。

 

漢方では、これらのバランスを整えながら、「代謝の良い、痩せやすい身体づくり」をしていくので、単に体重を落とすだけではなく、身体の様々な不調も同時に改善してきます。

 

 

「ダイエット鍼」

 

2500

 

中国鍼を使ったダイエットとは?

人の全身には361個のツボがあります。耳には食欲を抑制し過食を防ぐツボ、腕には自律神経の乱れを整えて過剰な食欲を抑制するツボなど。これらにアプローチすることで摂食中枢に働きかけ、無理なく食欲を抑えることができます。

 

 

基礎代謝改善により、エネルギーを消費しやすい身体づくり

男女問わず40代を過ぎれば基礎代謝が低下しはじめるため、若い頃と同じような食生活をしていれば、消費しきれないカロリーを体にため込んでしまいます。また、食べ過ぎているわけではないのに脂肪が落ちない場合は、冷えや足のむくみのせいで代謝が落ちていることが考えられます。
こうした加齢、冷え・むくみなどによる代謝機能の低下が、肥満につながると考えられるため、おなかや足など全身のツボに鍼でアプローチし、内臓の働きや新陳代謝を高めたり、老廃物や水分の排出を促進させて代謝機能を改善します。

 

 

ストレス軽減、リフレッシュ効果

代謝機能は自律神経によって調節されています。そのため、ストレスによって自律神経が乱れると代謝機能も低下します。そこで、手首にあるツボを刺激して自律神経を整え、手のひらにあるツボを刺激して、ストレスからくる緊張を和らげ、基礎代謝の改善につなげます。

 

 

排泄改善

ぽっこりおなかの原因は便秘と腹部の冷え。便秘は肌荒れも引き起こします。かといって、便秘薬を長期間常用していると、排便の際に腹筋を使わなくなるため、便秘薬がないと排泄できなくなってきます。そこでおなかにあるツボを刺激し、腸の血行・働きを改善したり、腹部の脂肪代謝を促進したり、気の流れを整えておなかの“張り”を改善していきます。

 

 

運動後や疲労した身体のケア

ダイエット中の運動によって、痛めてしまった腰や肩なども、ダイエット鍼と一緒に改善していきます。1週間の仕事の疲れも、同時に身体の中から疲労を改善することもできるので、代謝を上げながらより健康的な身体へとケアができます。

 

★『ダイエット鍼、ダイエット漢方のお問い合わせは、ページの一番下のフォームから、ご相談お問い合わせください。』

 

 

 

2)食べて痩せる食事法を身に付ける

 

 

4500

 

1キロの脂肪を身体から落としたいと思ったら7,000キロカロリーを消費する必要があります。これは体重60kgの人がランニングを120kmがんばってようやく消化できるカロリーです。牛丼1杯のカロリーが大体800キロカロリーです。つまり、9杯の牛丼をガマンすれば1キロ痩せる計算になります。

つまり、運動で痩せるより食事を管理して「摂取カロリー < 消費カロリー」を目指すほうが、はるかに効率がいいのです。痩せることだけを考えた場合、食事管理は必須行為です。

 

ただ、ここで重要なのは「食べない」ダイエットの落とし穴です。

食べないダイエットの危険性は、実は痩せたい!という効果と裏腹に太りやすい身体になることです。食べていないのに太るの?と思われるかもしれませんが、食べないことは身体に飢餓状態を作り出すことであり、危険に感じた脳が栄養を逆に溜めこみやすくするという側面があります。

バランスのよい食事(野菜中心・お肉やお魚などのタンパク質・大豆製品を取り入れるなど)を意識すること、痩せやすい食べ物や飲み物を取り入れながら、健康で効果的なダイエットを目指しましょう。

3食のうち夕食は、穀類を抜いて「低糖質の夕食」にすることもおすすめです。

 

もっと確実に痩せたい!食事内容を自分で管理ができない!という方は、プロの力も借りることで、目標値に達成することができます。下記にご紹介するトレーニングジム「KOBA HOUSE」では、食事サポートをオンラインで実施しています。

 

 

 

3)身体を動かす習慣をつける

 

5500

 

運動を続けていくことがむずかしいと感じる人は多いのではないでしょうか。そんな運動習慣をうまく定着させるための3つのコツをご紹介します。

 

■日曜日に1週間の運動計画をつくる

週の始まりの日曜日に、1週間の仕事のスケジュールを見ながら、運動の計画を立ててみましょう。子供の頃、夏休みのラジオ体操のハンコを押してもらうことが嬉しかったように、卓上カレンダーや手帳に丸をつける、など、目に見えるもので運動をしたかどうかを確認できるように計画を立てるのも、運動を続けるコツです。

 

■小さな達成感を励みにする

運動をしようと思い立って、今までまったく運動習慣のなかった人がいきなりマラソンに挑戦するような無謀なことを始めると、途中で挫折してしまう可能性が高いです。自宅周辺のウォーキングや部屋でもできるストレッチなど自分ができるところ、興味のあるところから始めるのがポイント。運動量も初めは物足りないかなと思うくらい、少なめに。ほんの5分、10分の積み重ねが運動習慣を定着させるのです。

 

■「運動」を日常の習慣や、他人との約束ごとと結びつける

また同じ運動を続けるのでも仲間がいればさらに効果的。一緒に運動する日時などを約束するとどうしても参加しなければならなくなりますし、土曜日のゴルフの後は、「日曜日の午後にウォーキングやストレッチをする」など、習慣にできることからやってみましょう。

 

また、パーソナルトレーナーと一緒にトレーニングを始めるのも、続けられる大きなポイントです。

トレーニングジム「KOBA HOUSE」では、日本人のパーソナルトレーニングがリーズナブルな金額で受けられます。パーソナルトレーニングは自分では運動習慣がつけられない方でも、楽しく運動習慣ができます。

→KOBA HOUSE へのお問い合わせはこちらのQRコードからご確認ください。

 

6

 

 

 

7

 

今回、ご紹介した「ダイエットの漢方と鍼」は、当院の鄭先生が実施しています。鄭先生の診察は、黄浦クリニックと虹梅路クリニックで、夜20:00まで受けられます。土曜日も施術可能ですので、ダイエットで悩まれている方は、この機会にぜひ、お問い合わせください。

 

 

当院での診察予約や、新型コロナウィルス予防の漢方処方について、ご質問お問い合わせがある方は、下記のフォームから、ご相談お問い合わせください

 

 

 

 

診察予約はこちら

 

■お名前(必須)

 

■メールアドレス(必須)

 

■電話番号(必須)

 

■年齢(必須)

 

■診察希望日(必須)
◆第一希望

 

◆第二希望

 

■希望の時間帯(必須)

 9:00〜12:00 12:00〜15:00 15:00〜18:00 18:00〜20:00

 

■ご希望の診療所 (必須)

 黄浦診療所 虹梅診療所

 

■保険の有無(必須)

 三井住友海上 東京海上火災 損保ジャパン日本興和 AIU保険 AIG保険 Prestagegヘルスケア  日本発行クレジットカード付帯保険 企業保険 国民健康保険 保険なし その他

 

■相談内容・お悩みの症状(必須)

 

■その他お問い合わせ

 

 

 

 

なんでも相談はこちら

 

■お名前(必須)

 

■年齢(必須)

 

■電話番号(必須)

 

■メールアドレス(必須)

 

■相談内容・お悩みの症状(必須)

 

 

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

 


 

 

■バックナンバー

 

「肺炎と喫煙の関係(重症化しないために)」

 

時間のある今!「肩こり・肩の痛み」を徹底的に改善しよう!

 

 免疫力を高める健康的な外食!のご紹介

 

自宅勤務や自宅隔離中の「腰痛」の解決法!

 

自宅で健康になる運動をしよう!

 

 上海で暮らす外国人のための「隋申馬」QRコードを取得しておこう

 

自宅でできるエクササイズ

 

免疫力をUPする漢方治療

 

上海で仕事を始める方のこれからの予防対策

 

お医者さんが日常的に行う6つの風邪対策

 

免疫力の高い人の特徴と食生活

 

〜これから上海へ来る方&日本へ帰国する方へ〜 <乗り物のコロナウィルス感染予防法!>

 

【新型コロナウィルスは、正しく知れば『防御』できる】

 

こんな治療が得意な老中医!「お腹の張り」編

 

こんな治療が得意な老中医!「止まらない咳」編

 

「漢方治療!気になる保険適応について」

 

老中医の診察室 ~「痛みのコントロール」の治療法~

 

こんな治療が得意な理学療法士!「不妊治療と鍼」編

 

こんな治療が得意な理学療法士!「腰・膝の痛み」編

 

「むくみ」の治療法

 

「皮膚炎」の治療法

 

「逆流性食道炎•胃炎」の治療法

 

こんな治療が得意な理学療法士!「腰痛」編

 

〜「老中医の診察室 貧血」〜

 

~「手足の冷え」の治療法~

 

~「インフルエンザ」の治療法~

 

~「咳・喘息」の治療法~

 

~「乾燥肌」の治療法~

 

~「じんましん」の治療法~

 

~「睡眠障害・不眠」の治療法~

 

「のぼせ・更年期障害」の治療法

 

「首・肩の痛み」の治療法

 

「女性特有の痛み・尿漏れなど」の治療法

 

「生理不順」の漢方治療・養生法

 

「運動後の痛み」の治療法

 

「外反母趾、巻き爪」の治療法

 

「スマホ病」の治療法

 

「不安感」の漢方治療・養生法

 

「インフルエンザ」の漢方治療・養生法

 

「便秘」の漢方治療・養生法

 

「更年期障害」の漢方治療・養生法

 

「疲労」の漢方治療・養生法

 

「四十肩・五十肩」の治療法

 

「腰痛」の治療法 Part2

 

「咳・喘息」の漢方治療・養生法

 

「めまい」の漢方治療・養生法

 

「首肩の痛み」の鍼灸治療・養生法

 

「乾燥肌」の漢方治療・養生法

 

「風邪&咳」の漢方治療・養生法

 

「冷え性」の漢方治療・養生法

 

「睡眠障害」の漢方治療・養生法

 

「生理痛」の漢方治療・養生法

 

「アトピー」の漢方治療・養生法

 

「生活習慣病」の予防・養生法

 

「繰り返す下痢」の漢方治療・養生法

 

「むくみ」の漢方治療・養生法

 

「腰痛」の漢方治療・養生法

 

「慢性鼻炎」の漢方治療・養生法

 

「胃痛」の漢方治療・養生法

 

「不妊症」の漢方治療・養生法

 

「長引く咳」の漢方治療・養生法

 

  • NEWS
  • 2020年04月16日

「肺炎と喫煙の関係(重症化しないために)」

 

main

 

 

肺炎と喫煙の関係(重症化しないために)

 

多くの人々に愛された志村けんさんの訃報によって、新型コロナウイルスの怖さを改めて思い知らされることになりました。
新型コロナウイルスがどのようにして、肺に炎症を起こしていくのでしょうか?今回は、肺炎の仕組みと、肺と喫煙との関係について先生に聞いてみました。

 

 

Q. 新型コロナウィルスの肺炎は、普通の肺炎とどう違うのでしょうか?

 

 

doctor「調べてみると、新型コロナの患者さんの特徴は、肺の外側に一気に炎症が広がっている点です。肺は右肺が上葉・中葉・下葉、左肺が上葉・下葉の5つに分かれていて、通常の肺炎は5つある中の1か所で炎症を起こす事が多く、多くても2か所くらいですが、新型コロナ肺炎は5か所全ての肺に一気に炎症を起こしてしまうのです。しかも、本人に自覚がなくても急速に悪化しているようです」

 

例えば、体重が現在より3kg増えると、お腹周りに脂肪がつき、腹囲が3cmほど大きくなったとします。そうすると、バランスを取るために重心は前に出ます。姿勢は後ろに反り気味になって腰に負担がかかります。この負担が蓄積し、腰痛の原因になるのです。とくに立ったり座ったりの動作は、体を反りますから腰への負担はさらに大きくなります。

 

 

 

Q. では、喫煙者のリスクについては?

 

graff500
doctor「タバコを吸うと、その煙で気管支の毛(線毛)が抜けてしまって、病原体を外に出せなくなり、感染が成立しやすくなります。長い間タバコを吸っている方は、肺の中で肺気腫や慢性気管支炎などで炎症が起きていて、肺胞が傷ついているケースが多く、普段でも息が切れやすいとか、空気の吐き出す力が弱くなったとかの症状として出ているようです。また、こういった炎症で傷ついた肺は、ウィルスにとっても非常に入りやすく増殖しやすくなるので、喫煙がリスクを伴うという点ではコロナウイルスや他の細菌でも同様と言えるでしょう。また、タバコを吸って肺胞が壊れてしまうと元には戻らないのです」

 

 

COPD500

 

 

Q. 禁煙しても今からでは遅いのでしょうか?

 

NON500
doctor「禁煙しても肺胞の機能は戻りません。ただし気道を傷つけた炎症は、時間が経てば(半年くらいはかかりますが)正常に戻ってきます。今後、新型コロナウイルス以外でも通常の肺炎などは、やはりタバコを吸っていない方が明らかに救命率は高くなると思いますから、いまからでも遅くないのでぜひ禁煙をしていただくといいと思います」

 

 

 

 

Q. 家族や身近にいる人への影響もあるのでしょうか?

 

 

doctor「副流煙を吸う人も、たとえば、ご夫婦でご主人だけがタバコを吸っていて、そばにご家族の方やお子さんもずっと一緒にいる・・・というような場合には影響があります。例えて言うならPM2.5が酷い幹線道路の横で、窓を開けて深呼吸しているようなもの。そんな状態が24時間続く、そんな感じですかね」

 

 

 

 

漢方と鍼で禁煙!

 

漢方薬や鍼で禁煙することに馴染みのない方も多いかと思いますが、今まで禁煙治療を受けてきて失敗してしまった方も、「漢方薬と鍼治療」だと続けられるといったケースが多くあります。

 

1500

 

公益財団法人宮崎県健康づくり協会健康推進部の資料によれば、禁煙成功は、漢方薬を使用した場合が28例中25例(89.3%)、漢方薬を使用しなかった場合が151例中95例(62.9%)で、漢方使用での禁煙成功率が高いという発表がされています。

 

 

では、どのような治療を行なっていくのでしょうか?

 

1)漢方薬治療で、禁煙によって起きる様々な身体の不調を改善していきます。

 

禁煙を始めると最初に「嘔吐・便秘・空咳・頭痛・イライラ・不眠」など、いろいろな身体の不調が現れてきます。各禁煙者個人の症状よって、治療方法を変えて処方することによって、徐々に改善へ導きます。

 

また、漢方には肺を潤す生薬もあり、肺の働きを助けます。

 

2500

 

 

2)漢方薬治療の効果

 

今まで治療された方に多くあるのが、漢方を飲んでいると、タバコの煙がだんだん美味しく感じなくなってくるという事です。これも身体の変化の現れで、漢方によって体質が変化することによっておきる状態です。

 

 

3)鍼治療

 

3500

 

鍼治療も、体質や現れる症状によって、ツボの選択をして施術していきます。また鍼治療によって、体と心のリラックス効果も期待できるので、イライラや不眠なども徐々に改善します。

 

また、日常的にも「耳ツボ」をしていくことで、鍼の効果が継続できるようにしていきます。

 

 

4)診察

 

4500

 

中医学の診察は、身体と心の両方を1時間もしくは30分の時間をかけて診察しているので、細やかなアドバイスが可能です。西洋の禁煙外来にはない通常よりも丁寧な診療で、医師からの説明の補足や患者の不安や悩みを解消することに重点を置き、禁煙成功するために医師と患者が共に協力して禁煙を目指しています。

 

 

 

500235

 

今回、ご紹介した「禁煙治療の漢方と鍼」は、当院のマーラ・アネスタシア医師と古川先生が実施しています。マーラ先生と古川先生の診察は、虹梅路クリニックで、夜20:00まで受けられます。土曜日も診察・施術可能ですので、禁煙に悩まされている方は、この機会にぜひ、お問い合わせください。

 

 

当院での診察予約や、新型コロナウィルス予防の漢方処方について、ご質問お問い合わせがある方は、下記のフォームから、ご相談お問い合わせください

 

 

 

 

診察予約はこちら

 

■お名前(必須)

 

■メールアドレス(必須)

 

■電話番号(必須)

 

■年齢(必須)

 

■診察希望日(必須)
◆第一希望

 

◆第二希望

 

■希望の時間帯(必須)

 9:00〜12:00 12:00〜15:00 15:00〜18:00 18:00〜20:00

 

■ご希望の診療所 (必須)

 黄浦診療所 虹梅診療所

 

■保険の有無(必須)

 三井住友海上 東京海上火災 損保ジャパン日本興和 AIU保険 AIG保険 Prestagegヘルスケア  日本発行クレジットカード付帯保険 企業保険 国民健康保険 保険なし その他

 

■相談内容・お悩みの症状(必須)

 

■その他お問い合わせ

 

 

 

 

なんでも相談はこちら

 

■お名前(必須)

 

■年齢(必須)

 

■電話番号(必須)

 

■メールアドレス(必須)

 

■相談内容・お悩みの症状(必須)

 

 

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

 


 

 

■バックナンバー

 

時間のある今!「肩こり・肩の痛み」を徹底的に改善しよう!

 

 免疫力を高める健康的な外食!のご紹介

 

自宅勤務や自宅隔離中の「腰痛」の解決法!

 

自宅で健康になる運動をしよう!

 

 上海で暮らす外国人のための「隋申馬」QRコードを取得しておこう

 

自宅でできるエクササイズ

 

免疫力をUPする漢方治療

 

上海で仕事を始める方のこれからの予防対策

 

お医者さんが日常的に行う6つの風邪対策

 

免疫力の高い人の特徴と食生活

 

〜これから上海へ来る方&日本へ帰国する方へ〜 <乗り物のコロナウィルス感染予防法!>

 

【新型コロナウィルスは、正しく知れば『防御』できる】

 

こんな治療が得意な老中医!「お腹の張り」編

 

こんな治療が得意な老中医!「止まらない咳」編

 

「漢方治療!気になる保険適応について」

 

老中医の診察室 ~「痛みのコントロール」の治療法~

 

こんな治療が得意な理学療法士!「不妊治療と鍼」編

 

こんな治療が得意な理学療法士!「腰・膝の痛み」編

 

「むくみ」の治療法

 

「皮膚炎」の治療法

 

「逆流性食道炎•胃炎」の治療法

 

こんな治療が得意な理学療法士!「腰痛」編

 

〜「老中医の診察室 貧血」〜

 

~「手足の冷え」の治療法~

 

~「インフルエンザ」の治療法~

 

~「咳・喘息」の治療法~

 

~「乾燥肌」の治療法~

 

~「じんましん」の治療法~

 

~「睡眠障害・不眠」の治療法~

 

「のぼせ・更年期障害」の治療法

 

「首・肩の痛み」の治療法

 

「女性特有の痛み・尿漏れなど」の治療法

 

「生理不順」の漢方治療・養生法

 

「運動後の痛み」の治療法

 

「外反母趾、巻き爪」の治療法

 

「スマホ病」の治療法

 

「不安感」の漢方治療・養生法

 

「インフルエンザ」の漢方治療・養生法

 

「便秘」の漢方治療・養生法

 

「更年期障害」の漢方治療・養生法

 

「疲労」の漢方治療・養生法

 

「四十肩・五十肩」の治療法

 

「腰痛」の治療法 Part2

 

「咳・喘息」の漢方治療・養生法

 

「めまい」の漢方治療・養生法

 

「首肩の痛み」の鍼灸治療・養生法

 

「乾燥肌」の漢方治療・養生法

 

「風邪&咳」の漢方治療・養生法

 

「冷え性」の漢方治療・養生法

 

「睡眠障害」の漢方治療・養生法

 

「生理痛」の漢方治療・養生法

 

「アトピー」の漢方治療・養生法

 

「生活習慣病」の予防・養生法

 

「繰り返す下痢」の漢方治療・養生法

 

「むくみ」の漢方治療・養生法

 

「腰痛」の漢方治療・養生法

 

「慢性鼻炎」の漢方治療・養生法

 

「胃痛」の漢方治療・養生法

 

「不妊症」の漢方治療・養生法

 

「長引く咳」の漢方治療・養生法

 

  • NEWS
  • 2020年04月13日

時間のある今!「肩こり・肩の痛み」を徹底的に改善しよう!

main500

 

時間のある今!「肩こり・肩の痛み」を徹底的に改善しよう!

 

今、上海でのオフィスの仕事時間も制限があったり、在宅勤務が週に何日か続いていて、今までにはなく時間に余裕がある人もいると思います。

この時間を利用して、今まで悩んでいた「肩こり」や、運動などで痛めてしまった「肩の痛み」を徹底的に改善してみませんか?

リラックス効果も期待できる理学療法治療や鍼治療で、時間のある「今」!身体と心のメンテナンスをしましょう!

 

まずは、自身の肩の痛みの状態をセルフチェックしてみましょう。 これから紹介するチェック方法は、実際の診察時に行なっている内容も含まれています。

 

 

自分の肩の痛みの原因は?

 

【チェックその①】

 

1)悪い方の腕を、反対側の肩に置きましょう。

インピンジメント症候群(チェックポーズ)300

 

2)悪い方の腕の肘を、上に上げてみてください。

1

 

ここで痛みがある場合の診断は・・・ 「インピンジメント症候群」

 

痛みの原因は?

インピンジメントとは、衝突、突き当るという意味です。 腕を上げたり捻じったときに、 肩部内の組織が周辺の骨に挟まったり衝突して痛みが生じます。

そのまま痛みを放っておくと、 腱板断裂に進行してしまう場合があります。

この2)の動作(肘を上に上げる運動)で、運動制限や肩に痛みがある場合には注意が必要です。

 

★治療方法★

A. 腱板断裂などの有無をMRI等の検査で確認します。

B. 断裂などの損傷がない場合には理学治療を始めます。

理学治療を始める前に、それぞれの筋肉及び靭帯の動きを調べてから、施術が開始されます。

【施術内容】 筋肉弛緩マッサージ・電気治療・テーピング指導・Sleeper stretch指導など。

 

肩のテーピング400

 

スリーパーストレッチ写真400

 

 

【チェックその②】

 

1)両手を真っすぐ前に出してください。

五十肩(チェックポーズ)

 

2)両手をそのまま上に上げてください。

2

 

腕が上がらない場合の診断は・・・ 「肩関節周囲炎(五十肩)」

 

痛みの原因は?

五十肩は筋肉ではなく、 肩関節に問題が生じたことによる痛みで、通常の肩こりとは違います。

通常、肩を動かすことで激しい痛みが生じます。

この2)の腕を上げる動作で左右の差が診られる場合には、 肩関節の組織が癒着している可能性があります。その他にこれが原因で、歯ブラシするときに痛む、シャンプーするときに痛むなどの人もいます。

 

★治療方法★

肩関節の炎症を抑えながら筋肉や靭帯がスムーズに動くように施術します。

【施術内容】 電気治療・肩関節の可動域を広げるマッサージ治療・ストレッチ指導など。

 

肩の電気治療写真400

 

49290286 - women subjected to manipulative

 

 

【チェックその③】

 

1)掌をお腹に付けてください。

肩甲下筋の筋力低下(チェックポーズ)

 

2)お腹を強く、掌で押してみてください。

aaa

 

上記の運動で肩が前方へ移動する人の診断は・・・「肩甲下筋の筋力低下」

 

痛みの原因は?

肩甲下筋とは肩甲骨の裏側から上腕骨(肩部)に付着している筋肉です。

肩関節を内旋する(腕を内向きにひねる)役割をしています。

この②の動作で肩が前方に移動してしまう場合は、 肩甲下筋の筋力不足や損傷が考えられます。

肩甲骨の安定性が保てない場合には、 肩関節損傷にもつながる可能性があります。その他にこれが原因で、子供を抱っこしたり、ハンドバックを持った時などに、肩が痛む人もいます。

 

★治療方法★

肩甲骨周囲の筋肉を緩める施術をしながら、肩甲下筋を中心に筋力を鍛える指導をします。

【施術内容】 電気治療・肩甲骨周囲の可動域を広げるマッサージ治療・チューブやダンベルをつかった運動療法など。

 

肩理学マッサージ400

 

C

 

 

John Zhong 理学療法士

 

今回、ご紹介した「肩の痛みの治療」は、当院のジョン理学療法士が実施しています。

ジョンの理学療法治療と、スポーツリハビリ治療は、黄浦クリニックと虹梅路クリニックで、夜20:00まで受けられます。土曜日も施術可能ですので、肩の痛みに悩まされている方は、この機会にぜひ、お問い合わせください。

 

 

当院での診察予約や、新型コロナウィルス予防の漢方処方について、ご質問お問い合わせがある方は、下記のフォームから、ご相談お問い合わせください

 

 

 

診察予約はこちら

 

■お名前(必須)

 

■メールアドレス(必須)

 

■電話番号(必須)

 

■年齢(必須)

 

■診察希望日(必須)
◆第一希望

 

◆第二希望

 

■希望の時間帯(必須)

 9:00〜12:00 12:00〜15:00 15:00〜18:00 18:00〜20:00

 

■ご希望の診療所 (必須)

 黄浦診療所 虹梅診療所

 

■保険の有無(必須)

 三井住友海上 東京海上火災 損保ジャパン日本興和 AIU保険 AIG保険 Prestagegヘルスケア  日本発行クレジットカード付帯保険 企業保険 国民健康保険 保険なし その他

 

■相談内容・お悩みの症状(必須)

 

■その他お問い合わせ

 

 

 

 

なんでも相談はこちら

 

■お名前(必須)

 

■年齢(必須)

 

■電話番号(必須)

 

■メールアドレス(必須)

 

■相談内容・お悩みの症状(必須)

 

 

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

 


 

 

■バックナンバー

 

免疫力を高める健康的な外食!のご紹介

 

自宅勤務や自宅隔離中の「腰痛」の解決法!

 

自宅で健康になる運動をしよう!

 

 上海で暮らす外国人のための「隋申馬」QRコードを取得しておこう

 

自宅でできるエクササイズ

 

免疫力をUPする漢方治療

 

上海で仕事を始める方のこれからの予防対策

 

お医者さんが日常的に行う6つの風邪対策

 

免疫力の高い人の特徴と食生活

 

〜これから上海へ来る方&日本へ帰国する方へ〜 <乗り物のコロナウィルス感染予防法!>

 

【新型コロナウィルスは、正しく知れば『防御』できる】

 

こんな治療が得意な老中医!「お腹の張り」編

 

こんな治療が得意な老中医!「止まらない咳」編

 

「漢方治療!気になる保険適応について」

 

老中医の診察室 ~「痛みのコントロール」の治療法~

 

こんな治療が得意な理学療法士!「不妊治療と鍼」編

 

こんな治療が得意な理学療法士!「腰・膝の痛み」編

 

「むくみ」の治療法

 

「皮膚炎」の治療法

 

「逆流性食道炎•胃炎」の治療法

 

こんな治療が得意な理学療法士!「腰痛」編

 

〜「老中医の診察室 貧血」〜

 

~「手足の冷え」の治療法~

 

~「インフルエンザ」の治療法~

 

~「咳・喘息」の治療法~

 

~「乾燥肌」の治療法~

 

~「じんましん」の治療法~

 

~「睡眠障害・不眠」の治療法~

 

「のぼせ・更年期障害」の治療法

 

「首・肩の痛み」の治療法

 

「女性特有の痛み・尿漏れなど」の治療法

 

「生理不順」の漢方治療・養生法

 

「運動後の痛み」の治療法

 

「外反母趾、巻き爪」の治療法

 

「スマホ病」の治療法

 

「不安感」の漢方治療・養生法

 

「インフルエンザ」の漢方治療・養生法

 

「便秘」の漢方治療・養生法

 

「更年期障害」の漢方治療・養生法

 

「疲労」の漢方治療・養生法

 

「四十肩・五十肩」の治療法

 

「腰痛」の治療法 Part2

 

「咳・喘息」の漢方治療・養生法

 

「めまい」の漢方治療・養生法

 

「首肩の痛み」の鍼灸治療・養生法

 

「乾燥肌」の漢方治療・養生法

 

「風邪&咳」の漢方治療・養生法

 

「冷え性」の漢方治療・養生法

 

「睡眠障害」の漢方治療・養生法

 

「生理痛」の漢方治療・養生法

 

「アトピー」の漢方治療・養生法

 

「生活習慣病」の予防・養生法

 

「繰り返す下痢」の漢方治療・養生法

 

「むくみ」の漢方治療・養生法

 

「腰痛」の漢方治療・養生法

 

「慢性鼻炎」の漢方治療・養生法

 

「胃痛」の漢方治療・養生法

 

「不妊症」の漢方治療・養生法

 

「長引く咳」の漢方治療・養生法

 

  • NEWS
  • 2020年04月07日

免疫力を高める健康的な外食!のご紹介

食生活が免疫機能に与える影響は大きいです。

 

「過剰なエネルギー摂取」や「栄養不足」は免疫機能の低下を引き起こすことが知られています。栄養バランスが整い、適量を摂取することこそ、免疫を正常に機能させ病原体から抵抗性を保つ上で重要です。中医学ではエネルギーが足りない人には補う食材を、エネルギーの多い人には、老廃物を排泄する食材を勧めます。

 

今回は、この中医学の「養生の考え」を用いて、今、上海の「外食」で食べられる料理をタイプ別にご紹介します。

 

上海で忙しく働く男性の方に、外食でも健康的な食事ができるアイデアがいっぱいです。 是非、ご参考ください。

 

まず、自分のタイプを知りましょう!

チェックした項目が最も多いものがあなたのタイプです。

やってみましょう!

 

【タイプ①】

□ 睡眠が浅い

□ 朝、起きた時、倦怠感や疲労感がなかなか取れない

□ 体重増加が悩みの種である

□ 足が冷えることがある

□ 気持ちが落ち込むこともある

 

【タイプ②】

□ 過食気味である

□ 喉が乾く

□ 手足が火照ることがある

□ イライラすることが多い

□ 尿の量が多い

 

【タイプ③】

□ 食が細いほうである

□ 立ちくらみがすることがある

□ 疲労倦怠感を感じることがある

□ 腰痛がある

□ 下痢をしやすい

 

【タイプ④】

□ 食べても太れない

□ 夜中に、目が醒めやすい

□ 吹き出物がある

□ 喉が乾くことが多い

□ 物事に執着しすぎることがある

 

自分のタイプは分かりましたか?

上記のテストでチェックが多かったタイプがあなたのタイプです。

では、あなたのタイプにあった健康的な外食をご紹介します。

 

 

【タイプ①】肥満型タイプ(エネルギー不足)

 

体格が大きく健康そうに見えても、実は虚弱体質で、特に心臓が弱っている人がいます。こういうタイプは、エネルギー不足が原因で免疫力が落ちてしまいます。

 

【お勧めの外食メニュー】

1

★韓国料理『参鶏湯』

→こちらで注文できます「宙 東方世紀大厦店ほか

http://shanghai-zine.com/shops/5845

 

【お勧め食材】

2

 

「人参」

参鶏湯の伝統的な作り方には、高麗人参を食材として使います。人参は、アルカロイド系の成分があり、免疫細胞のマクロファージとBリンパ球の働きを活性化してくれます。

そのため、人参は免疫低下を抑えることができ、過労、栄養失調、ストレスなどの改善や、免疫機能の低下により風邪が治り難くい人にもよく処方されます。また、微循環を改善し血管を強くする作用があるため、疲労した心血管系を保護する作用もあります。

こういった意味でも、中医学で高麗人参は「長寿の薬」として親しまれているのです。

 

【漢方薬(例)】

2b

 

 

 

【タイプ ②】肥満型タイプ(エネルギー過多)

 

典型的なメタボリック体型の人に多くみられます。今は健康そのものに思いがちですが、将来的に脳血管障害のリスクが高まるタイプです。

 

【お勧めの外食】

3500

★中華料理『セロリと百合の炒め物』

→こちらで注文できます「光燕老酒館

http://shanghai-zine.com/shops/259

 

【お勧めの食材】

4

 

 

「百合根」

百合根は、水溶性食物繊維のグルコマンナンが豊富で、便秘や整腸効果があります。また、コレステロールや糖質の吸収を抑制する働きもあるので、血糖値が高めで喉が渇く、から咳きの人にお勧めの食材です。 百合根には独特の甘みがあり、中医学では甘みは心を癒す作用があると考えられているので、心が落ち着かないイライラする事が多い人は、注文してみてください。

 

【漢方薬(例)】

5

 

 

 

【タイプ③】痩せ型タイプ(エネルギー不足)

 

見た目に痩せていて、顔色も青白く、食が細い人に多いタイプです。このタイプは、胃腸をかばうように猫背になっている人が多く、ため息もよく出ます。

 

【お勧めの外食】

6500

★和食『うな重』

→こちらで注文できます「丸忠 新世紀広場店ほか

http://shanghai-zine.com/shops/7150

 

【お勧めの食材】

7

 

「うなぎ」

うなぎは、バランスのとれた「最強の食材」とも言われ、身体を鍛えている人に人気です。うなぎの中にあるアルギニンは、成長ホルモンの分泌促進、免疫機能の向上、脂肪代謝の促進など、体内の様々な機能を健康的に働かせる作用があります。

古い中医学の文献には、腎、肝、脾を補い、結核患者の健康回復のために、うなぎを食べさせたと記載があります。

 

【漢方薬(例)】

8

 

 

【タイプ ④】痩せ型タイプ (エネルギー過多)

 

感情の起伏が激しく、夜お酒を飲んだり、エネルギーを何かで発散したいと思うタイプ。食べ物にも偏りがあり、食べ物の好き嫌いもはっきりしている人が多いタイプです。

 

【お勧めの外食】

9500

★イタリア料理『ボンゴレパスタ』

→こちらで注文できます「Palatino Roma Cuisine

http://shanghai-zine.com/shops/6325

 

【お勧めの食材】

10

 

 

「あさり」

あさりの特徴は「亜鉛」が豊富なことです。亜鉛が不足すると、免疫細胞であるリンパ球の機能が下がり、ウイルスや細菌等の病原体に対して十分に免疫機能が働かなくなくなります。また、亜鉛の吸収はビタミンCが助けるため、イタリアンパセリとの相性も抜群です。

中医学ではあさりは、五臓を潤す作用があるとされています。摂取すると咽喉も潤してくれるので、感染症の予防にもなります。

 

【漢方薬(例)】

11

 

 

今回ご紹介した料理や食材は、ごく一部です。私達のクリニックでは、個々人の体質やタイプに合わせて漢方薬で調整しながら、食事指導などを組み合わせ、肥満対策や高血圧対策、貧血、疲れやすい、睡眠の質が悪いなどの症状の改善を行なっています。

健康に不安がある方は、早めにご相談ください。

 

 

当院での診察予約や、新型コロナウィルス予防の漢方処方について、ご質問お問い合わせがある方は、下記のフォームから、ご相談お問い合わせください

 

 

 

 

診察予約はこちら

 

■お名前(必須)

 

■メールアドレス(必須)

 

■電話番号(必須)

 

■年齢(必須)

 

■診察希望日(必須)
◆第一希望

 

◆第二希望

 

■希望の時間帯(必須)

 9:00〜12:00 12:00〜15:00 15:00〜18:00 18:00〜20:00

 

■ご希望の診療所 (必須)

 黄浦診療所 虹梅診療所

 

■保険の有無(必須)

 三井住友海上 東京海上火災 損保ジャパン日本興和 AIU保険 AIG保険 Prestagegヘルスケア  日本発行クレジットカード付帯保険 企業保険 国民健康保険 保険なし その他

 

■相談内容・お悩みの症状(必須)

 

■その他お問い合わせ

 

 

 

 

なんでも相談はこちら

 

■お名前(必須)

 

■年齢(必須)

 

■電話番号(必須)

 

■メールアドレス(必須)

 

■相談内容・お悩みの症状(必須)

 

 

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

 


 

 

■バックナンバー

 

自宅勤務や自宅隔離中の「腰痛」の解決法!

 

自宅で健康になる運動をしよう!

 

 上海で暮らす外国人のための「隋申馬」QRコードを取得しておこう

 

自宅でできるエクササイズ

 

免疫力をUPする漢方治療

 

上海で仕事を始める方のこれからの予防対策

 

お医者さんが日常的に行う6つの風邪対策

 

免疫力の高い人の特徴と食生活

 

〜これから上海へ来る方&日本へ帰国する方へ〜 <乗り物のコロナウィルス感染予防法!>

 

【新型コロナウィルスは、正しく知れば『防御』できる】

 

こんな治療が得意な老中医!「お腹の張り」編

 

こんな治療が得意な老中医!「止まらない咳」編

 

「漢方治療!気になる保険適応について」

 

老中医の診察室 ~「痛みのコントロール」の治療法~

 

こんな治療が得意な理学療法士!「不妊治療と鍼」編

 

こんな治療が得意な理学療法士!「腰・膝の痛み」編

 

「むくみ」の治療法

 

「皮膚炎」の治療法

 

「逆流性食道炎•胃炎」の治療法

 

こんな治療が得意な理学療法士!「腰痛」編

 

〜「老中医の診察室 貧血」〜

 

~「手足の冷え」の治療法~

 

~「インフルエンザ」の治療法~

 

~「咳・喘息」の治療法~

 

~「乾燥肌」の治療法~

 

~「じんましん」の治療法~

 

~「睡眠障害・不眠」の治療法~

 

「のぼせ・更年期障害」の治療法

 

「首・肩の痛み」の治療法

 

「女性特有の痛み・尿漏れなど」の治療法

 

「生理不順」の漢方治療・養生法

 

「運動後の痛み」の治療法

 

「外反母趾、巻き爪」の治療法

 

「スマホ病」の治療法

 

「不安感」の漢方治療・養生法

 

「インフルエンザ」の漢方治療・養生法

 

「便秘」の漢方治療・養生法

 

「更年期障害」の漢方治療・養生法

 

「疲労」の漢方治療・養生法

 

「四十肩・五十肩」の治療法

 

「腰痛」の治療法 Part2

 

「咳・喘息」の漢方治療・養生法

 

「めまい」の漢方治療・養生法

 

「首肩の痛み」の鍼灸治療・養生法

 

「乾燥肌」の漢方治療・養生法

 

「風邪&咳」の漢方治療・養生法

 

「冷え性」の漢方治療・養生法

 

「睡眠障害」の漢方治療・養生法

 

「生理痛」の漢方治療・養生法

 

「アトピー」の漢方治療・養生法

 

「生活習慣病」の予防・養生法

 

「繰り返す下痢」の漢方治療・養生法

 

「むくみ」の漢方治療・養生法

 

「腰痛」の漢方治療・養生法

 

「慢性鼻炎」の漢方治療・養生法

 

「胃痛」の漢方治療・養生法

 

「不妊症」の漢方治療・養生法

 

「長引く咳」の漢方治療・養生法

 

  • NEWS
  • 2020年03月30日

自宅勤務や自宅隔離中の「腰痛」の解決法!

自宅勤務や隔離の運動不足から体重が増え、それによって腰痛や膝の痛みがひどくなってしまった、という経験のお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

今回は、体重増加によって、腰痛や膝の痛みが起きるメカニズムや、その原因とその対策について、古川裕三先生に解説してもらいました。

 

 

Q. 体重が増えるとどうして腰痛になりやすいのでしょうか?

810085腰痛の原因となる腰周りのパーツについてご存知でしょうか?

背骨である脊柱(せきちゅう)を構成する椎骨(ついこつ)。このうち、腰の部分にある5個の椎骨を腰椎(ようつい)といいます。

椎骨と椎骨の間にあるのが椎間板(ついかんばん)。背骨にかかる負担を和らげるクッションの役目を果たしています。この椎間板が異常をきたすと腰痛になりやすいのです。

とくに肥満になると、椎間板が押しつぶされて薄くなってしまいますから、痛みをともないます。これが、肥満が腰痛を引き起こす原因のひとつです。

 

例えば、体重が現在より3kg増えると、お腹周りに脂肪がつき、腹囲が3cmほど大きくなったとします。そうすると、バランスを取るために重心は前に出ます。姿勢は後ろに反り気味になって腰に負担がかかります。この負担が蓄積し、腰痛の原因になるのです。とくに立ったり座ったりの動作は、体を反りますから腰への負担はさらに大きくなります。

 

 

 

Q . 腰痛の原因は体重増加以外にもありますか?

 

810085一般的に考えられる腰痛の原因は下記のような場合もあります。

① 重いものを持つなど無理な負担

② 長時間同じ姿勢をとることによる、筋肉の緊張や血行不良

③ 運動不足による筋肉の衰え

 

①のように急激に腰に負担をかけた結果、腰を痛めてしまう急性的な腰痛(俗にいうぎっくり腰)だけでなく、②や③も慢性的な腰痛の原因となる可能性があります。そこに体重の増加、肥満が加わると腰の痛みはよりひどくなってしまいます。

 

 

 

Q. では、腰痛になったときは、どのような診察になりますか?

 

810085まずは、診察で腰痛の原因を探ります。痛みのチェック、どこの部位から痛みなのか、身体全体のバランスなど、詳しく調べていきます。必要に応じて、MRI検査などをすることもあります。このようにして、腰痛の原因がわかったら治療に入ります。

 

 

 

Q. 治療はどのような治療をするのでしょうか?

 

810085痛みの原因によって、施術をする先生が変わります。当院では診察後、痛みの原因の説明をし、治療計画と施術の内容を詳しくお伝えします。

 

痛みが激しく、歩くこともままならない状態や、痛みが酷くて寝返りも打てず夜も眠れない状態の時は「鍼治療」を行います。

 

1500

 

筋肉に炎症がある時は、むやみにマッサージをしても悪化する可能性があるので、そういう時にも「鍼治療」は有効です。鍼治療で、鎮痛作用や筋肉の弛緩効果が望めます。

 

経験のある先生は、身体の強さに応じて鍼の刺激量も調整できますので、初心者の方でも安心して受けることができます。

 

【お勧めの鍼灸医師】

3

鄭 淑華医師

黄浦クリニック・虹梅路クリニック)

 

 

脊椎の歪みが原因の腰痛には「カイロプラクティック治療」を行います。

 

2500

 

よく動く関節とよく動かない関節のアンバランスによって痛みが起きている場合は、脊椎の関節の歪みを調節することで、痛みが改善することができます。また、骨盤の歪みがある人や足の長さが違う人にもお勧めの治療法です。

 

【お勧めの理学療法士】

3200

ヘルマン・スゼット[Herman Szeto]

(黄浦クリニック・虹梅路クリニック)

 

 

身体を支えている筋肉の歪みが原因の腰痛には「オステオパシー治療」を行います。

 

4500

 

利き腕や足を組む習慣がある人や、いつも同じ肩で荷物を運ぶなど、日頃同じ姿勢になりがちな人は、癖や習慣でよく使う筋肉が太く短くなりやすく、身体を歪めてしまいます。 そういう骨格や脊椎の調整では効果が診られない人には、オステオパシー治療がおすすめです。

 

【お勧めの理学療法士】

6

マシュー ・スティーブンス [Matthew Stevens]

(虹梅路クリニック)

 

 

姿勢が悪く筋力がないことが原因で腰痛になっている人には「運動理学療法」を行います。

 

5500

 

体重増加に伴う腰痛の方や、長時間椅子に座っていることが多いビジネスマンは、腰の位置を安定させる下半身の筋肉が弱い人が多く、このアンバランスな筋肉構成が腰痛の原因となります。電気治療などで痛みを取りながら、簡単な動きを訓練することで、均等な筋肉を作ります。プロの運動選手も怪我した後に取り入れている施術方法で、自身の身体を作りながら痛みの改善を図っていく治療です。

 

【お勧めの理学療法士】

7200

ジョン 鐘[John Zhong]

(黄浦クリニック・虹梅路クリニック)

 

 

当院での診察予約や、新型コロナウィルス予防の漢方処方について、ご質問お問い合わせがある方は、下記のフォームから、ご相談お問い合わせください

 

 

 

 

診察予約はこちら

 

■お名前(必須)

 

■メールアドレス(必須)

 

■電話番号(必須)

 

■年齢(必須)

 

■診察希望日(必須)
◆第一希望

 

◆第二希望

 

■希望の時間帯(必須)

 9:00〜12:00 12:00〜15:00 15:00〜18:00 18:00〜20:00

 

■ご希望の診療所 (必須)

 黄浦診療所 虹梅診療所

 

■保険の有無(必須)

 三井住友海上 東京海上火災 損保ジャパン日本興和 AIU保険 AIG保険 Prestagegヘルスケア  日本発行クレジットカード付帯保険 企業保険 国民健康保険 保険なし その他

 

■相談内容・お悩みの症状(必須)

 

■その他お問い合わせ

 

 

 

 

なんでも相談はこちら

 

■お名前(必須)

 

■年齢(必須)

 

■電話番号(必須)

 

■メールアドレス(必須)

 

■相談内容・お悩みの症状(必須)

 

 

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

 


 

 

■バックナンバー

 

自宅で健康になる運動をしよう!

 

 上海で暮らす外国人のための「隋申馬」QRコードを取得しておこう

 

自宅でできるエクササイズ

 

免疫力をUPする漢方治療

 

上海で仕事を始める方のこれからの予防対策

 

お医者さんが日常的に行う6つの風邪対策

 

免疫力の高い人の特徴と食生活

 

〜これから上海へ来る方&日本へ帰国する方へ〜 <乗り物のコロナウィルス感染予防法!>

 

【新型コロナウィルスは、正しく知れば『防御』できる】

 

こんな治療が得意な老中医!「お腹の張り」編

 

こんな治療が得意な老中医!「止まらない咳」編

 

「漢方治療!気になる保険適応について」

 

老中医の診察室 ~「痛みのコントロール」の治療法~

 

こんな治療が得意な理学療法士!「不妊治療と鍼」編

 

こんな治療が得意な理学療法士!「腰・膝の痛み」編

 

「むくみ」の治療法

 

「皮膚炎」の治療法

 

「逆流性食道炎•胃炎」の治療法

 

こんな治療が得意な理学療法士!「腰痛」編

 

〜「老中医の診察室 貧血」〜

 

~「手足の冷え」の治療法~

 

~「インフルエンザ」の治療法~

 

~「咳・喘息」の治療法~

 

~「乾燥肌」の治療法~

 

~「じんましん」の治療法~

 

~「睡眠障害・不眠」の治療法~

 

「のぼせ・更年期障害」の治療法

 

「首・肩の痛み」の治療法

 

「女性特有の痛み・尿漏れなど」の治療法

 

「生理不順」の漢方治療・養生法

 

「運動後の痛み」の治療法

 

「外反母趾、巻き爪」の治療法

 

「スマホ病」の治療法

 

「不安感」の漢方治療・養生法

 

「インフルエンザ」の漢方治療・養生法

 

「便秘」の漢方治療・養生法

 

「更年期障害」の漢方治療・養生法

 

「疲労」の漢方治療・養生法

 

「四十肩・五十肩」の治療法

 

「腰痛」の治療法 Part2

 

「咳・喘息」の漢方治療・養生法

 

「めまい」の漢方治療・養生法

 

「首肩の痛み」の鍼灸治療・養生法

 

「乾燥肌」の漢方治療・養生法

 

「風邪&咳」の漢方治療・養生法

 

「冷え性」の漢方治療・養生法

 

「睡眠障害」の漢方治療・養生法

 

「生理痛」の漢方治療・養生法

 

「アトピー」の漢方治療・養生法

 

「生活習慣病」の予防・養生法

 

「繰り返す下痢」の漢方治療・養生法

 

「むくみ」の漢方治療・養生法

 

「腰痛」の漢方治療・養生法

 

「慢性鼻炎」の漢方治療・養生法

 

「胃痛」の漢方治療・養生法

 

「不妊症」の漢方治療・養生法

 

「長引く咳」の漢方治療・養生法

 

  • NEWS
  • 2020年03月23日
Next Page >