老中医の診察室〜症状別漢方治療・養生法〜

「首・肩の痛み」の治療法

「首(や肩)が凝る!」、「凝るを通り越して痛い!」。どなたもご経験があるのではないでしょうか。とてもなじみのある症状ですがその原因は様々で、確かな治療のためにはしっかり原因を探って治療プランを立てる必要があります。

 

after1

 

【首・肩の痛みの主な症状】

 

①子供を抱くと、首肩や背中が痛む

 

②長時間のパソコンで、首肩が痛み頭痛もある

 

③首や肩を動かすと音が鳴り、腕に痺れもある

 

④首肩が痛みで仕事に集中できない

 

※他にも首や肩の痛みの症状は多くあります。実際に症状がある方は中医師にご相談ください。

 

 

【首・肩の痛みの症状別治療法】

 

① 子供を抱くと、首肩や背中が痛む

 

特徴:首や肩を支える背中の筋肉がうまく動かない、または体幹筋肉が弱いタイプ。

 

治療方法:凝り固まった首と肩の筋肉を和らげ、血行を良くし痛みを抑える。

 

運動療法:背中の筋肉を動かす運動と、背中の支える体幹筋力を強化するための運動療法を実施。

 

 

②長時間のパソコンで、首肩が痛み頭痛もある

 

特徴:長時間の首肩の前屈で首の筋肉が疲労し硬くなり、血行が悪くなり頭痛になるタイプ。

 

治療方法:首肩、肩甲骨に付随する関節がスムーズに動くように施術します。脊椎の歪みを調節し安定性も保つようにします。

 

運動療法:一日三回のストレッチ&筋肉収縮運動指導をします。また、仕事姿勢の見直し(机、モニター、マウスの位置など)し、身体全体を支える筋力強化の運動療法を実施します。

 

 

③ 首肩を動かすと音が鳴り、腕のしびれもある

 

特徴:首肩の関節の位置が悪く、関節を固定している靭帯が疲労消耗している状態。慢性的な刺激により関節周りの骨も肥大し神経を圧迫してしまうタイプ

 

治療方法:首肩の関節を正常な位置に調節し、慢性的な刺激を軽減させ、関節周りの血流改善し痛みを軽減する施術をします。

 

運動療法:関節周りの筋力強化を指導します。(テーピング指導も実施)

 

 

④ 首肩が痛みで仕事に集中できない

 

特徴:痛みがあり仕事効率が低下、睡眠時間も短くなり、さらに首肩の痛みが激しくなる悪循環サイクルのタイプ。

 

治療方法:最初に痛みや睡眠をコントロールするために漢方薬や消炎鎮痛剤、鍼治療を行います。症状の改善がみられてきたら、筋肉の血流を改善し、痛みを緩和する施術します。

 

運動療法:身体全体の緊張を緩和する運動療法を実施します。

 

 

【首・肩の痛みの治療が得意な理学療法士の治療室】

 

フランク 範先生

 

2

 

Aさんは46歳の女性です。半年ほど首の右側が痛む症状に悩まされています。

首を傾ける範囲が狭くなっているように感じます。痛みは肩甲骨の内側にもおよびはじめ、親指にしびれも感じるようになってきました。不安になったAさんは当クリニックを受診されました。

 

フランク・範先生はAさんの話をじっくりと聞いた後、Aさんの身体の状態を細かく検査していきます。首の稼動範囲がどうなっているか、痛みが目立つ部位はどこか、骨格のゆがみがあるかどうか・・・。結果、フランク・範先生は僧帽筋に問題があると判断しました。僧帽筋は背中にある大きな筋肉のひとつです。胸の辺りの高さから肩、首にかけて広がっています。肩凝りの方はよく肩をもみますが、そこは僧帽筋の一部なのです。この筋肉が緊張する(=凝る)ことによって、首や肩の痛みだけではなく親指の痺れも引き起こしているのでした。

 

首や肩の凝りの原因は僧帽筋だけではなく様々です。原因の切り分けのためにしっかりとした検査が必要になります。

 

フランク・範先生はAさんに筋肉の緊張をほぐす手技を行ないました。解剖の知識に基づく的確な部位のマッサージだけでなく、Aさんの身体を動かしながら実施するMETという特別な手法を用いました。筋肉だけでなく関節にも働きかけ、また意外なことに呼吸の方法についての改善トレーニングも実施されました。実は僧帽筋は呼吸にも重要な役割を担っているのです。

 

またフランク・範先生は日常生活におけるアドバイスも行ないました。一人でも行なえるストレッチの方法、首の姿勢の改善(うつむきがちな姿勢を避ける、適度なストレッチや筋力トレーニングなど)、重い荷物を長時間もたないなど・・・。

 

Aさんは10回の治療(姿勢の矯正、ストレッチ、呼吸トレーニングなど)の後、あんなに悩まされていた痛みや痺れがなくなりました。

 


 

 

診察予約はこちら

 

 

 

なんでも相談はこちら

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

 


 

 

■バックナンバー

 

「女性特有の痛み・尿漏れなど」の治療法

 

「生理不順」の漢方治療・養生法

 

「運動後の痛み」の治療法

 

「外反母趾、巻き爪」の治療法

 

「スマホ病」の治療法

 

「不安感」の漢方治療・養生法

 

「インフルエンザ」の漢方治療・養生法

 

「便秘」の漢方治療・養生法

 

「更年期障害」の漢方治療・養生法

 

「疲労」の漢方治療・養生法

 

「四十肩・五十肩」の治療法

 

「腰痛」の治療法  Part2

 

「咳・喘息」の漢方治療・養生法

 

「めまい」の漢方治療・養生法

 

「首肩の痛み」の鍼灸治療・養生法

 

「乾燥肌」の漢方治療・養生法 

 

「風邪&咳」の漢方治療・養生法

 

「冷え性」の漢方治療・養生法

 

「睡眠障害」の漢方治療・養生法

 

「生理痛」の漢方治療・養生法

 

「アトピー」の漢方治療・養生法

 

「生活習慣病」の予防・養生法

 

「繰り返す下痢」の漢方治療・養生法

 

「むくみ」の漢方治療・養生法

 

「腰痛」の漢方治療・養生法

 

「慢性鼻炎」の漢方治療・養生法

 

「胃痛」の漢方治療・養生法

 

「不妊症」の漢方治療・養生法

 

「長引く咳」の漢方治療・養生法

 

「女性特有の痛み・尿漏れなど」の治療法

婦人科疾患の他にも、婦人科系が原因で起きる症状は多くあります。どこに相談をすれば良いか分からなかったり、相談しにくいからと我慢をしていたりする場合もあるようです。
中医学の観点や婦人科専門の理学療法士が、それぞれの立場から症状を改善することが可能です。

 

girl-after

 

【女性特有の痛み・悩みの主な症状】

 

① 股関節が痛む

 

② 出産してから腰や骨盤が痛む

 

③ 尿漏れがある

 

④ 生理前後に腰痛や腹痛がある

 

※他にも女性ならではの悩みは多くあります。実際に症状のある方は中医師や婦人科専門の理学療法士にご相談ください。

 

 

【女性特有の痛み・悩みの症状別治療法】 

 

① 股関節が痛む

 

特徴:なかなか相談しにくい部位で我慢する人も多く、運動やヨガや過度のストレッチなどで痛めやすい箇所です。

 

理学治療:腰椎や骨盤のゆがみを調整し、下肢の長さなどを考慮して股関節の負荷を軽減して痛みを緩和させる治療を行います。

 

漢方治療:関節周囲の血流障害や下肢の浮腫みが原因で痛みが増す人には、血流改善などの働きのある生薬を処方します。

 

 

②出産してから腰や骨盤が痛む

 

特徴:出産後に骨盤がゆがんでしまった人や長時間子供を抱えている人、出産後の栄養状態が偏っている人などに起きやすい症状です。

 

理学治療:出産後の骨盤のゆがみを調え、腰周りの筋肉をスムーズに動かせるように施術を行い、体幹と下半身の筋力強化も目指します。

 

漢方治療:出産後や授乳中、血や栄養が足りなくなり筋肉が凝りやすくなる事も多く、その場合は血を補う生薬を処方します。

 

 

③尿漏れがある

 

特徴:出産後、ちょっとした腹圧やくしゃみなどで尿漏れしてしまうことがあります。冷え性の人は尿漏れをしやすい傾向にあります。

 

理学治療:下半身の筋肉を和らげ血流改善を促し、排尿をコントロールする括約筋回復の施術をし、腹部の筋力トレーニングも実施します。

 

漢方治療:尿漏れは身体が冷えている人や腎虚で怖がりの人によく見られます。そういう体質の方には、身体を温め、腎を補う生薬で調節します。

※中医学の「腎」は腎臓そのものではなく、成長や発育、生殖器系、泌尿器系、身体の元気などと関係が深い臓です。

 

 

④生理前後に腰痛や腹痛がある

 

特徴:生理前後や婦人科手術後のむくみなどが原因で、リンパや血の流れが悪くなり、腰痛や腹痛などの症状が現れることがあります。

 

理学治療:腹部や臀部の筋肉を柔らかくし血流を良くし、生理前後や術後の組織の緊張をほぐして痛みをコントロールしていきます。

 

漢方治療:血の流れが悪くなる原因を調べ治療します。むくみや、緊張などが原因の場合、生薬で気と血の流れをスムーズにし心身を調節します。

 

 

 

【女性特有の痛み・悩みの治療が得意な理学療法士の治療室】

 

ユーカ ヴァン シーア 先生

 

Dr

 

Aさんは20代の女性です。妊娠後期に腰が痛くなり、さらに左太ももまで痺れが走るようになり、婦人科の医師に紹介をされ当クリニックを受診されました。

 

初診時は歩いても座っても横になっていても痛みを感じ、特に座っている姿勢から立ち上がるのが難しい状態でした。2歳になる子供と外出をすることもできず、生活の質も低下していました。

 

ユーカ先生はAさんの話を聞いた後、身体をチェックしていきました。その際、Aさんの左脚には神経性の損傷がないことに気が付きました。腰椎の活動域と屈伸度が低下しており、それが左半身の症状と関係しているとユーカ先生は判断しました。

 

ユーカ先生はAさんに理学治療と運動療法の指導を行いました。二時間に一度運動療法の動きをしてもらうことにしました。運動の方法は、妊娠後期ということも考慮して調節しました。そして、痛みを悪化させないために、避けてほしい動作をアドバイスし、長時間ベッドに横にならずにできるだけ歩くようにと話しました。

 

Aさんは五回の治療の後、腰の痛みがなくなりました。痛みが無くなったことと、自分で運動をしたことにより痛みを無くすことができたことで、彼女は自分の身体に自信が持てるようになりました。

 


 

 

診察予約はこちら

 

 

 

なんでも相談はこちら

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

 


 

 

■バックナンバー

 

「生理不順」の漢方治療・養生法

 

「運動後の痛み」の治療法

 

「外反母趾、巻き爪」の治療法

 

「スマホ病」の治療法

 

「不安感」の漢方治療・養生法

 

「インフルエンザ」の漢方治療・養生法

 

「便秘」の漢方治療・養生法

 

「更年期障害」の漢方治療・養生法

 

「疲労」の漢方治療・養生法

 

「四十肩・五十肩」の治療法

 

「腰痛」の治療法  Part2

 

「咳・喘息」の漢方治療・養生法

 

「めまい」の漢方治療・養生法

 

「首肩の痛み」の鍼灸治療・養生法

 

「乾燥肌」の漢方治療・養生法 

 

「風邪&咳」の漢方治療・養生法

 

「冷え性」の漢方治療・養生法

 

「睡眠障害」の漢方治療・養生法

 

「生理痛」の漢方治療・養生法

 

「アトピー」の漢方治療・養生法

 

「生活習慣病」の予防・養生法

 

「繰り返す下痢」の漢方治療・養生法

 

「むくみ」の漢方治療・養生法

 

「腰痛」の漢方治療・養生法

 

「慢性鼻炎」の漢方治療・養生法

 

「胃痛」の漢方治療・養生法

 

「不妊症」の漢方治療・養生法

 

「長引く咳」の漢方治療・養生法

 

「生理不順」の漢方治療・養生法

生理は28日前後の周期で来て、5~7日程度出血が続き、すっきりと出血が止まるのが正常です。生理周期や生理の状態は、生活習慣やストレス、食生活など様々な要素により影響を受けます。一度だけではなく異常が続く時は治療の対象になります。

 

Photo

 

【生理不順の症状の主なタイプ】(中医学)

 

① ストレスで生理周期が乱れる

 

② 生理が来なくなった

 

③ 出血量が多い

 

④ 不正出血が続く

 

※生理の失調の症状は上記以外にもあります。実際に症状がある方は中医師にご相談ください。

 

 

【生理不順のタイプ別治療・養生法】

 

① ストレスで生理周期が乱れる

 

特徴:我慢をしたり心が落ち込んだりすることが多い人に現れるタイプです。生理の前には些細なことでイライラしたり胸が張ったりすることも多く、生理痛があったり、時には経血に塊が混じることもあります。

 

治療:鍼治療で緊張を緩和し、生薬で気と血の流れをスムーズにし心と身を調節します。

 

養生:×四川火鍋、チョコレート、タバコなど。

   〇ミント、生姜、ローズヒップなど。

 

 

② 生理が来なくなった

 

特徴:食が細く冷え症で下痢しやすい虚弱な人、偏食でダイエット中の人などに起きやすい症状です。「腎」の「気」の不足や、ストレス、「痰湿」などが原因で起きることもあります。

 

※中医学の「腎」は腎臓そのものではなく、成長や発育、生殖器系や身体の元気の元となる臓のことです。

※「痰湿」とは、身体の中に溜まっている不要な水分や老廃物のことです。

 

治療:胃腸の働きを調え、栄養のある気血を補う生薬を処方し、必要に応じて健康的なダイエットの指導をします。

 

養生:×大根、アイスクリーム、コーヒーなど

   〇牛肉、卵、棗など。

 

 

③ 出血量が多い

 

特徴:辛い物を好み暴飲暴食、睡眠時間が短い人、イライラしやすい人、更年期の人にも起こりやすい症状です。生理周期も短くなったり、寝汗が出たりすることもあります。

 

治療:身体を落ち着かせる「陰」を補い、出血量を調節する生薬の処方。

 

養生:×お酒、辛い物、玉ねぎなど。

   〇レンコン、白菜、スッポンなど。

 

 

④ 生理の後不正出血が続く

 

特徴:胃腸の働きが悪く、気が不足している人に多くみられる症状です。「気」には身体に必要な物が排泄されないように留めておく働きがあり、その働きが失調すると出血をすっきりと止められなくなります。生理の出血量が多いこともありますが、色が薄いのが特徴です。

 

治療:胃腸の働きを改善し食欲を調節します。また、気を補う生薬を処方します。

 

養生:×大根、苦瓜、生魚など。

   〇竜眼、薬用人参、黄精餅など。

 

 

 【生理不順の治療が得意な老中医の診察室】

 

劉 愛武 先生

 

Dr

 

Aさんは上海市内に住む30代の女性です。大学を卒業後、仕事を始めた頃からストレスなどが重なり生理周期が乱れはじめました。生理痛も激しく、妊娠の希望もあることから当クリニックを受診されました。

 

初めてクリニックを訪れた時、Aさんの生理周期は45日前後と長く、生理の時は痛みのため動くことができないほどで、ほぼ毎月鎮痛剤を服用しているとのことでした。

 

劉先生はAさんに質問をしていきました。すると、経血の色が黒く、塊が混じり、下半身や腰のだるさも著しいこと、生理前のイライラもひどく、胸が張ること、日ごろから疲労感が取れず、めまいがすることなどがわかりました。また、妊娠を希望していて、生理が来るかどうかいつも気になってしまうということでした。

 

Aさんの生理不順と生理痛の原因は、元気不足と血液不足に加えて、ストレスにより血流が悪化してることであると劉先生は指摘しました。治療は体力や血を補うとともに、血流を改善させる生薬を中心に漢方処方を組み立て、服用してもらうことにしました。また、日常生活では、妊娠のことなど何事も気にしすぎず心穏やかに過ごすこと、適度な運動をすること、生理の時は身体を冷やさないようにすることなどをアドバイスしました。

 

Aさんは漢方を飲み始めて一カ月で疲労感が減り、生理痛も以前ほど激しくなくなりました。 二カ月後には生理時に痛み止めを飲まなくても良くなり、三カ月後には長かった生理周期が短くなり始め、めまいもしなくなくなりました。半年後には生理周期がほぼ28日になり、生理時の不調も改善しました。

 


 

 

診察予約はこちら

 

 

 

なんでも相談はこちら

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

 


 

 

■バックナンバー

 

「運動後の痛み」の治療法

 

「外反母趾、巻き爪」の治療法

 

「スマホ病」の治療法

 

「不安感」の漢方治療・養生法

 

「インフルエンザ」の漢方治療・養生法

 

「便秘」の漢方治療・養生法

 

「更年期障害」の漢方治療・養生法

 

「疲労」の漢方治療・養生法

 

「四十肩・五十肩」の治療法

 

「腰痛」の治療法  Part2

 

「咳・喘息」の漢方治療・養生法

 

「めまい」の漢方治療・養生法

 

「首肩の痛み」の鍼灸治療・養生法

 

「乾燥肌」の漢方治療・養生法 

 

「風邪&咳」の漢方治療・養生法

 

「冷え性」の漢方治療・養生法

 

「睡眠障害」の漢方治療・養生法

 

「生理痛」の漢方治療・養生法

 

「アトピー」の漢方治療・養生法

 

「生活習慣病」の予防・養生法

 

「繰り返す下痢」の漢方治療・養生法

 

「むくみ」の漢方治療・養生法

 

「腰痛」の漢方治療・養生法

 

「慢性鼻炎」の漢方治療・養生法

 

「胃痛」の漢方治療・養生法

 

「不妊症」の漢方治療・養生法

 

「長引く咳」の漢方治療・養生法

 

「運動後の痛み」の治療法

普段運動をしない方が運動をしたときや、運動の強度に筋力が見合っていない場合などは、運動をした後に身体のあちこちに痛みが出ることがあります。無理をして運動をし続けると痛みが悪化したり、治りにくくなったりすることもあります。痛みの原因を解消して、運動を楽しみましょう。

sport

 

 

【起きやすい運動後の痛み】

 

① ゴルフの後、腰が痛む

 

② ランニングをすると膝が痛む

 

③ テニスの後、肘が痛む

 

④ 首の付け根や肩甲骨周りが痛む

 

 

【運動後の痛みのタイプ別治療法】

 

① ゴルフの後、腰が痛む

 

特徴:腰の関節がうまく動かない、または腰を支える筋肉が弱いことにより起きやすい症状です。

 

治療:

鍼で痛みを軽減し、腰の関節を動きやすくします。

下半身や腰部の筋力を強化する運動療法を行います。

 

 

② ランニングをすると膝が痛む

 

特徴:膝への深と靭帯の酷使により起こる症状です。下肢の筋肉が弱く、膝関節が不安定だと痛みが起きやすくなります。

 

治療:

膝関節の靭帯を動かすための施術を行います。

股関節や足首の安定性を調節し、筋力を強化して、下肢への負担を軽減させます。

 

 

③ テニスの後、肘が痛む

 

特徴:練習時間が長く、腕の力を使いすぎること、または肘を支える筋肉が弱いことなどが原因で起きやすい症状です。

 

治療:

炎症を抑え、肘関節の血流を改善させます。

腕だけではなく、身体全体、体幹の筋肉強化のトレーニング方法とテーピングも指導します。

 

 

④ 首の付け根や肩甲骨周りが痛む

 

特徴:背中の筋力が弱く、姿勢が安定しないまま運動をすると起こりやすい症状です。

 

治療:

筋肉の血流を改善し、痛みを緩和させます。

肩や首の安定性を確認しながら特に背中の筋力を強化する運動療法を行います。

 

 

【運動後の痛みの治療が得意な理学療法士の診察室】

 

鐘(ジョン)先生

 

Dr

 

Aさんは上海に住む40代の女性です。テニスが趣味で毎週10時間ほど練習をしていましたが、最近肘の外側が痛むようになり、長い時間テニスをすることができなくなったため当クリニックを受診されました。

 

普段の痛みはひどくはありませんが、テニスをする際とタオルを絞るような動作をした際に肘の外側に痛みが出るとのことでした。

 

鐘(ジョン)先生はAさんの肘や身体の状態をチェックした後、治療を始めて行きました。まずは腕と肘の筋肉筋膜組織をほぐし、関節の可動域を広げる施術をしました。弛緩療法とストレッチをメインにして、電気治療と温熱療法を組み合わせて痛みを和らげ、筋肉の緊張をほぐしていきました。同時に炎症を抑え痛みを和らげる湿布を貼ってもらうことにしました。

そして、痛みがある時はテニスをする時間を減らすように、具体的には練習時間は毎回2時間を超えないように、1週間で6時間を超えないようにアドバイスをしました。また、運動をする前にはよくアップをすること、温めたタオルなどで肘を温めるのも良いと話しました。運動をした後はストレッチをし、肘を冷やすようにと話しました。

 

Aさんが鐘(ジョン)先生の治療を3回受けたところ、肘の痛みがかなり和らぎました。しかし、テニスをする頻度と時間を増やすとまた痛みが出てきてしまいました。

6回目の治療時には基本的には痛みが無くなりました。しかし、激しく運動をすると肘に違和感が出ました。鐘(ジョン)先生は再発を防ぐためにAさんの腕と肘の力を強める運動療法と筋肉を伸ばす施術を行いました。

Aさんは1週間に一回のペースで2カ月ほど治療を続け、肘の痛みが出る前の強度でテニスをしてもタオルを絞る動作をしても、肘に痛みが出ることは無くなったため治療終了となりました。

 


 

 

診察予約はこちら

 

 

 

なんでも相談はこちら

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

 


 

 

■バックナンバー

 

「外反母趾、巻き爪」の治療法

 

「スマホ病」の治療法

 

「不安感」の漢方治療・養生法

 

「インフルエンザ」の漢方治療・養生法

 

「便秘」の漢方治療・養生法

 

「更年期障害」の漢方治療・養生法

 

「疲労」の漢方治療・養生法

 

「四十肩・五十肩」の治療法

 

「腰痛」の治療法  Part2

 

「咳・喘息」の漢方治療・養生法

 

「めまい」の漢方治療・養生法

 

「首肩の痛み」の鍼灸治療・養生法

 

「乾燥肌」の漢方治療・養生法 

 

「風邪&咳」の漢方治療・養生法

 

「冷え性」の漢方治療・養生法

 

「睡眠障害」の漢方治療・養生法

 

「生理痛」の漢方治療・養生法

 

「アトピー」の漢方治療・養生法

 

「生活習慣病」の予防・養生法

 

「繰り返す下痢」の漢方治療・養生法

 

「むくみ」の漢方治療・養生法

 

「腰痛」の漢方治療・養生法

 

「慢性鼻炎」の漢方治療・養生法

 

「胃痛」の漢方治療・養生法

 

「不妊症」の漢方治療・養生法

 

「長引く咳」の漢方治療・養生法

 

「外反母趾、巻き爪」の治療法

足にトラブルを抱えていると、歩くたびに痛みを伴い、日常生活にも支障をきたすことがあります。当院ではトラブルの発症原因に合わせて治療を行うとともに、必要に応じてオルソティック(医療用インソール)を使って治療を行います。

 

ashi

 

※オルソティックとは、足部の構造医学から疾患となる原因を追究し、それを改善するために何万もの臨床データをもとに開発された、医療用の中敷きを使った治療法です。

この医療用インソールを使って

① 体幹の安定性を向上させ、姿勢を改善

② 首、腰などのコリや痛みの緩和

③ 正しい歩行ができることで外反母趾や足部のトラブルの改善

などができます。

 

 

【足部のトラブルの主なタイプ】

 

① 外反母趾

 

② 足の指の巻き爪

 

③ うおのめ・タコ・イボ

 

④ 足の裏のひび割れ

 

※上記以外にも足部のトラブルはあります。症状が出てお困りの方はご相談下さい。

 

 

【足部のトラブルのタイプ別治療法】

 

① 外反母趾

 

特徴:足の全体構造が崩れてしまい、結果的に母趾が「くの字」に曲がり過度の負荷がかかると痛みを伴う病気です。原因は母趾だけではない為、まずは足全体のどの部分が悪いか見直す必要があります。

 

治療方法:

・医療用インソール(足底装具)による足全体構造の補正を行います。

・身体の姿勢の改善や歩行機能訓練が中心となります。

 

 

② 巻き爪

 

特徴:爪が内側に巻いていることにより爪の角が刺さり、炎症を起こし痛みを伴う病気です。

 

治療方法:

・爪の周りの角質を清潔に取り除くことで刺激を減らします。

・足の形や構造上の問題を改善し、悪化しないように補正します。

 

 

③ うおのめ・たこ・イボ

 

特徴:足底の刺激により角質が厚くなるものや、異物の混入、ウイルスなどの原因によるものがあります。

 

治療方法:

・足の構造を診察し、足底の負荷を軽減するための医療用インソールなどの補正を行います。

・ウイルスや異物などが混入しないように、足の清潔化を指導します。

 

 

④ かかとのひび割れ

 

特徴:かかとの古い角質が厚くなると硬くなり、不衛生になりやすく割れやすくなります。また、血流が滞ることによって起こることもあります。

 

治療方法:

・まずは、硬くなった角質を取り除くことが大切です。

・医療用インソールで補正し、踵の負荷を軽減させます。

・マッサージを行って、足底の筋膜を柔らかくし血流改善を促します。

 

 

【足部のトラブルの治療が得意な理学療法士の治療室】

 

Scott Blake(スコット ブレーク) 理学療法士

 

Scott-Blak

 

Aさんは上海在住の40代の女性です。両脚の指の付け根が変形して痛み、改善と悪化を40年以上も繰り返してきました。なんとか痛みを和らげたいとのことで来院されました。

 

初診時、Aさんの足の親指は小指側に「くの字」に曲がり、人差し指と中指の変形もありました。主に左足に症状が見られ、普段運動靴を履いている時は痛みを感じませんが、少しきつめの靴を履いて歩いた後は足の親指の変形している所に激痛が走るとのことでした。スコット先生がAさんの身体のバランスを見ると、両脚の長さが異なりました。そして、Aさんは常に腰痛があると話しました。

 

スコット先生は、まずは包帯で足を固定し、親指の変形している関節にかかる圧を足全体に分散させることにしました。そして医療用インソールを処方しました。そのインソールを靴に入れて、できるだけ毎日歩くように、立っている時間の八割以内で使うようにと指示をしました。そうすることで変形している関節への圧を分散させると同時に両脚の長さも矯正でき、痛みを大幅に軽減させるとともに悪化も防ぐことができるのことでした。

 

Aさんは医療用インソールを使用して、最初は違和感がありました。スコット先生から最初は一日二時間から使い始め、だんだん時間を増やしていくようにとアドバイスがあり、Aさんがその通りにしたところ、一週間後には慣れ、歩くのも楽になり、親指の痛みも無くなったのでした。腰痛も無くなり、その後再発していません。

 

 


 

 

診察予約はこちら

 

 

 

なんでも相談はこちら

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

 


 

 

■バックナンバー

 

「スマホ病」の治療法

 

「不安感」の漢方治療・養生法

 

「インフルエンザ」の漢方治療・養生法

 

「便秘」の漢方治療・養生法

 

「更年期障害」の漢方治療・養生法

 

「疲労」の漢方治療・養生法

 

「四十肩・五十肩」の治療法

 

「腰痛」の治療法  Part2

 

「咳・喘息」の漢方治療・養生法

 

「めまい」の漢方治療・養生法

 

「首肩の痛み」の鍼灸治療・養生法

 

「乾燥肌」の漢方治療・養生法 

 

「風邪&咳」の漢方治療・養生法

 

「冷え性」の漢方治療・養生法

 

「睡眠障害」の漢方治療・養生法

 

「生理痛」の漢方治療・養生法

 

「アトピー」の漢方治療・養生法

 

「生活習慣病」の予防・養生法

 

「繰り返す下痢」の漢方治療・養生法

 

「むくみ」の漢方治療・養生法

 

「腰痛」の漢方治療・養生法

 

「慢性鼻炎」の漢方治療・養生法

 

「胃痛」の漢方治療・養生法

 

「不妊症」の漢方治療・養生法

 

「長引く咳」の漢方治療・養生法

 

Next Page >