老中医の診察室〜症状別漢方治療・養生法〜

「更年期障害」の漢方治療・養生法

kouneiki

 

【更年期障害の主なタイプ(中医学)】

 

① 疲れやすく、頭が重くめまいがする

 

② 情緒が不安定で動悸もする

 

③ 下半身や末端が冷え、上半身がのぼせる

 

④ 寝汗をかき、睡眠が浅い

 

※上記以外にも更年期障害のタイプがあります。実際に症状が出ている方は中医師にご相談ください。

 

 

【更年期障害のタイプ別治療法】

 

① 疲れやすく、頭が重くめまいがする

 

特徴:胃腸の機能が低下して栄養の吸収が上手くできなくなっているタイプです。エ

   ネルギーも血液も足りないので疲れやすく、血液を動かす力も弱くなるので血

   流も悪くなりがちです。このタイプは食欲が無く、下痢をしたり、むくんだり

   、めまいがしたりすることもあります。

 

治療:胃腸の働きを改善し、気血を補い、血流を改善する漢方を処方。

 

養生:×チーズ、アイスクリーム、パンケーキなど。

   山芋、菊花、クコ、薬用ニンジンなど。

 

 

② 情緒が不安定で動悸もする

 

特徴:「血」が足りなくなり、「心」を滋養できなくなっているタイプです。中医学

   の「心」は心臓そのものではなく、安心や睡眠とも関係のある臓です。このタ

   イプは何でもないのに悲しくなり涙が出たり、気持ちが落ち着かずにソワソワ

   したり、眠りが浅く夢を多く見たり、動悸がしたりすることがあります。

 

治療:血を補い、「心」の機能を安定させる漢方を処方。

 

養生×お酒、ドライフルーツ、牛肉など。

   銀杏、ヘチマ、シイタケ、蓮の実など。

 

 

③ 下半身や末端が冷え、上半身がのぼせる

 

特徴年齢により身体のすべての機能のベースとなる臓の働きが低下したことによ

   り、身体を温める機能と冷ます機能が乱れているタイプです。冷えのぼせの

   他にめまいや耳鳴り、足腰のだるさなどを伴うこともあります。

 

治療:身体のベースアップを図りながら、身体を温める生薬と冷ます生薬を両方処

   方して調節。

 

養生:×冷たい飲食物、揚げ物、バターなど。

   黒豆、ザクロ、牛肉など。

 

 

 ④ 寝汗をかき、睡眠が浅い

 

特徴:身体を滋養したり余分な熱を冷ましたり、安静にしたりする機能が低下してい

   るタイプです。このタイプは睡眠の質が悪かったり寝汗をかきやすい他、のぼ

   せたり、腰がだるかったり、肌が乾燥しやすかったり、便秘をしたりすること

   があります。

 

治療:身体を滋養しクールダウンさせる陰の性質の生薬を処方

 

養生:×生姜、唐辛子、カレーなど。

   竜眼、ユリ根、牡蠣など。

 

 

【更年期障害の治療が得意な老中医の診察室】

 

古川裕三 先生    鄭淑華 先生

 

Dr.furukawa Dr.tei

 

Tさんは48歳の女性です。冬に中国に来てから、慣れない環境で疲れと下半身の冷えに悩んでいました。夏になり暑い日が続くと今度は汗をかきやすくなっていました。

そんな中、ある日突然睡眠中にどっと汗をかき、エアコンのついた部屋で下半身が冷たく上半身だけが熱くて汗が止まらなくなりました。Tさんは精神的にも不安になり当クリニックを受診しました。

 

診察時、先生はTさんの話す様子や顔色をじっと見ながら話を聞きました。Tさんが長期に渡る疲労状態であると先生は判断し、質問をすると、夏になり食欲が無くなり下痢をすることも多く、日中の活動量が激減していることがわかりました。

 

Tさんの症状を改善するには、まずは胃腸の働きを回復することが大切であると先生は判断し、初回は胃腸に対する生薬をメインに処方をしました。

 

二回目の診察時にはTさんの食欲が回復していたため、「腎」(腎は中医学では腎臓そのものではなく、身体の働きのベースとなる臓であり生命力や若さ、生殖器系とも関係のある臓であると考えられている)の陰陽を調節し、冷えとのぼせを改善させる生薬を組み合わせて処方しました。そして、自律神経の調節に有効な鍼治療を併用しました。

 

その後Tさんはだんだんと寝汗が止まり、のぼせる回数も減り、精神状態も安定してきました。二カ月後にはのぼせることも無くなり、疲労感も減り、買い物や掃除もできるようになりました。

さらに三カ月治療を続け、症状が安定しているため治療終了となりました。

 

※上記の症例のように、漢方と鍼治療を併用することで治療効果が良くなることがあります。詳しくはお問い合わせください。

 

 


 

 

診察予約はこちら

 

 

 

なんでも相談はこちら

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

 


 

 

■バックナンバー

 

「疲労」の漢方治療・養生法

 

「四十肩・五十肩」の治療法

 

「腰痛」の治療法  Part2

 

「咳・喘息」の漢方治療・養生法

 

「めまい」の漢方治療・養生法

 

「首肩の痛み」の鍼灸治療・養生法

 

「乾燥肌」の漢方治療・養生法 

 

「風邪&咳」の漢方治療・養生法

 

「冷え性」の漢方治療・養生法

 

「睡眠障害」の漢方治療・養生法

 

「生理痛」の漢方治療・養生法

 

「アトピー」の漢方治療・養生法

 

「生活習慣病」の予防・養生法

 

「繰り返す下痢」の漢方治療・養生法

 

「むくみ」の漢方治療・養生法

 

「腰痛」の漢方治療・養生法

 

「慢性鼻炎」の漢方治療・養生法

 

「胃痛」の漢方治療・養生法

 

「不妊症」の漢方治療・養生法

 

「長引く咳」の漢方治療・養生法

 

「疲労」の漢方治療・養生法

長い時間寝ているはずなのに疲れが取れない、少し動いただけなのにすぐ疲れる、身体が重だるいなど、西洋医学では治療をすることの少ない「疲労」ですが、中医学では身体の不調として、症状に応じた様々なアプローチ方法があります。

 

hirou-after

 

【疲労の主なタイプ(中医学)】

 

① 暑さで疲れ、全身がだるい

 

② お酒を飲むことが多く、寝ても朝から疲れている

 

③ 疲労が溜まり、下痢をしたり風邪を引いたりする

 

④ 咳が出て疲れている

 

⑤ 顔色が悪かったり疲れてめまいがしたりする

 

※上記以外にも疲れのタイプがあります。また、疾患により疲れやだるさが出ている場合もあります。疲れが長引いたり程度がひどい場合は医療機関を受診してください。

 

 

【疲労のタイプ別治療・養生法】

 

暑さで疲れ、全身がだるい

 

特徴:夏の暑さで身体のエネルギーを消耗しているタイプです。身体のだるさ、元気

   の無さに加え、身体の熱感や口の渇きなどを伴います。身体に湿がこもってい

   ることも多く、その場合は便がゆるくなったり、身体が重たく感じたりしま

   す。

 

治療:身体の熱や湿気を取り除く漢方に食欲を促進する漢方をプラスして処方

 

養生:×はちみつ、アイスクリーム、パンケーキなど

   スイカ、緑豆、梅干しなど

 

 

② お酒を飲むことが多く、寝ても朝から疲れている

 

特徴:睡眠の質が悪く身体を十分に回復できていないため朝から疲れているタイプで

   す。 お酒を飲んだり脂っこいものや味の濃いものなどを食べたりする機会の多

   い人は、身体の中に湿った熱がこもりやすく、そうすると眠りが浅く目を覚ま

   しやすくなります。

 

   ※睡眠の質が悪い原因は他にもあります。

   詳しくは「睡眠障害の漢方治療・養生法」をご覧ください。

 

治療:余分な熱や湿を排泄し睡眠をコントロールする漢方を処方

 

養生:×お酒、唐辛子、揚げ物など

   トウモロコシ、セロリ、ヘチマなど

 

 

③ 疲労が溜まり、下痢をしたり風邪を引いたりする

 

特徴:もともと胃腸の働きがあまり良くない人に多く、疲労や飲食物の不摂生により

   胃腸の働きが悪くなるタイプです。食欲が無くなったり、下痢をしたり、身体

   が重だるかったり、抵抗力も落ちて風邪も引きやすくなります。

 

治療:下痢や風邪などを改善する漢方に加えて胃腸を養う漢方を処方

 

養生:×冷たい飲食物、チョコレートやケーキなど

   山芋、大葉、蓮の葉など

 

 

④ 咳が出て疲れている

 

特徴:呼吸器の潤いが失われて咳が慢性的に出ており、それにより疲労しているタイ

   プです。

 

咽喉や口が乾燥する他、のぼせたり、寝汗が出たりすることもあります。

 

治療:呼吸器を潤し炎症を抑えて咳を止める処方と滋養強壮の漢方を組み合わせて処

   方

 

養生:×生姜、大根、カレーなど

   山芋、ユリ根、蓮の実など

 

 

⑤ 顔色が悪かったり疲れてめまいがしたりする

 

特徴:身体のエネルギーと血液の両方が不足しているタイプです。疲れの他にめま

   い、動悸、物忘れ、筋肉がつりやすかったり痺れたりすることがあります。

   また、顔色が青白く生理も不順なことが多いです。

 

治療:身体にエネルギーを与える漢方と血液を与える漢方を組み合わせて処方

 

養生:×冷たい飲食物、チョコレートやケーキなど

   レバー、ナツメ、山芋など

 

 

【疲労の治療が得意な老中医の診察室】

 

施紅 先生 

 

施紅0

 

Aさんは上海在住の40代の女性です。上海に来て半年が経ち、最初は精力的に活動していましたが、最近は疲れやすく、何もする気が起きず、気が付くと横になって休んでいるということが多くなりました。お腹の調子も悪く下痢をすることが多く、足も冷えてむくんでいる感じがするとのことで来院されました。

 

施先生はAさんの話をじっくりと聞き、手首の脈を触り、舌の状態を確認しました。手首の脈は強く押し込まないと脈を打っているのがわからず、脈の力もありませんでした。舌の色は赤みが足りず白っぽい色をしており、舌全体もむくんでいました。舌の表面には白い苔がたくさん付いていました。 診察の結果、Aさんは身体の元気の源となる臓である「腎」(西洋医学の腎臓そのものではなく、生命力や免疫、若さなどと関係のある臓器)と消化器系が冷えて働きが悪くなっている状態であると施先生は判断しました。二つの臓は水分代謝とも関係があります。そのため、身体の中に余分な湿気が溜まり、だるくて下痢をしたりむくみを感じているのだと指摘しました。

 

治療は「腎」と消化器系を温めて働きを高める薬と身体の中の余分な湿気を排泄する漢方薬を服用してもらいました。 同時に施先生はAさんに生活上のアドバイスもしました。身体が冷えているのでシャワーではなく湯船に浸かること、適度な運動をすること、身体を温める食べ物を積極的に食べることを薦めました

 

Aさんは生活に気を付けながら施先生の処方する漢方薬を飲んだところ、気になっていた症状がだんだんと良くなり、三カ月後にはむくみもすっかり取れ、以前のようにすぐに横になることもなくなり、また精力的に活動されるようになりました。

 

 


 

 

診察予約はこちら

 

 

 

なんでも相談はこちら

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

 


 

 

■バックナンバー

 

「四十肩・五十肩」の治療法

 

「腰痛」の治療法  Part2

 

「咳・喘息」の漢方治療・養生法

 

「めまい」の漢方治療・養生法

 

「首肩の痛み」の鍼灸治療・養生法

 

「乾燥肌」の漢方治療・養生法 

 

「風邪&咳」の漢方治療・養生法

 

「冷え性」の漢方治療・養生法

 

「睡眠障害」の漢方治療・養生法

 

「生理痛」の漢方治療・養生法

 

「アトピー」の漢方治療・養生法

 

「生活習慣病」の予防・養生法

 

「繰り返す下痢」の漢方治療・養生法

 

「むくみ」の漢方治療・養生法

 

「腰痛」の漢方治療・養生法

 

「慢性鼻炎」の漢方治療・養生法

 

「胃痛」の漢方治療・養生法

 

「不妊症」の漢方治療・養生法

 

「長引く咳」の漢方治療・養生法

 

〜「四十肩・五十肩」の治療法〜

中高年になると起きやすい肩周辺の痛みと動かしづらさを一般的に四十肩、五十肩と呼びます。関節付近に炎症が起きている状態で、正式には肩関節周囲炎と言い、筋肉の疲労で起きる肩こりとは別のものです。肩関節周囲炎は加齢により起きやすくなります。

katanoitami

 

【四十肩、五十肩の主な症状】

 

① 寝がえり、服の着脱時に肩が痛む

 

② 荷物を持つと肩に激しい痛みが走る

 

③ 腕が上がらす、顔を洗うのもつらい

 

④ 肩の痛みが激しく、痺れもあり眠れない

 

 

【四十肩、五十肩のタイプ別治療法】

 

①  寝がえり、服の着脱時に肩が痛む

 

特徴:年齢的な肩の柔軟性の低下や炎症があるタイプです。

 

治療方法:漢方薬で関節の血流や筋肉の弛緩を促し、鍼で痛みのコントロールをしていきます。

 

 

② 荷物を持つと、激しい痛みが走る

 

特徴:筋肉の硬直や炎症、頚椎症などを併発している可能性があるタイプです。

 

治療方法:頚椎症や神経痛の治療を中心に、患者に必要な治療をプランニングしていきます。

 

 

③ 腕が上がらず、顔を洗うのもつらい

 

特徴:肩の正常な可動域が制限され、食事や洗顔時にも痛みがあり生活に支障をきたしているタイプです。

 

治療方法:鍼で痛みを緩和し、消炎鎮痛剤を服用しながら、運動療法で肩関節の正常な可動域を取り戻します。

 

 

④ 肩の痛みも激しく、痺れもあり眠れない

 

特徴:靭帯の硬直や断絶、筋肉の炎症、神経痛などが考えられるタイプです。

 

治療方法:まずは検査をして肩痛の原因を探り、原因に沿って適切な治療方法を実施します。

 

 

【四十肩、五十肩の治療が得意な老中医の診察室】

 

張  齢元 先生

 

Dr

 

Aさんは上海に住む60歳の男性です。半年ほど前からなんとなく右肩が痛くなり、だんだん左肩にも痛みが出るようになりました。最近二カ月は痛みが悪化し、肩から上腕にかけて痛み、物を取る時、腕を伸ばす時、腕を上げる時に痛みで動きが制限されるほどになりました。睡眠時にも痛みがひどく、同じ姿勢をしばらく続けていると痛みが悪化してくるようになりました。

張先生は、Aさんの話を注意深く聞き、肩の状態と舌と手首の脈をチェックしました。Aさんは腕の付け根の辺りを押されると痛がり、腕を自分で動かす際も人に動かされる際も痛みがあり、動く範囲が狭まっていました。また、手首の脈が細く、押し込まないと触れない位置にあると張先生は指摘しました。脈が細いのは血液不足を表し、脈が深い位置にあるのは身体が冷えていることを表します。張先生が確認をすると、Aさんは寒がりであり、肩の痛みは温めると和らぐと話しました。

 

張先生はまずAさんの肩に鍼を打ち、さらに温熱療法をして肩を温めました。肩の鍼を外した後、今度は肩から遠い位置のツボを使って治療をしました。そして、きつい仕事や重いものを背負うことは避け、肩を冷やさないように、家でホットパックをするようにアドバイスをし、肩の運動を指導しました。

 

Aさんは初回の治療を受けた後すぐに肩の痛みが減り、腕を上げるのも楽になりました。その後治療を受けるたびに症状が軽くなってきています。

 

 


 

 

診察予約はこちら

 

 

 

なんでも相談はこちら

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

 


 

 

■バックナンバー

 

「腰痛」の治療法  Part2

 

「咳・喘息」の漢方治療・養生法

 

「めまい」の漢方治療・養生法

 

「首肩の痛み」の鍼灸治療・養生法

 

「乾燥肌」の漢方治療・養生法 

 

「風邪&咳」の漢方治療・養生法

 

「冷え性」の漢方治療・養生法

 

「睡眠障害」の漢方治療・養生法

 

「生理痛」の漢方治療・養生法

 

「アトピー」の漢方治療・養生法

 

「生活習慣病」の予防・養生法

 

「繰り返す下痢」の漢方治療・養生法

 

「むくみ」の漢方治療・養生法

 

「腰痛」の漢方治療・養生法

 

「慢性鼻炎」の漢方治療・養生法

 

「胃痛」の漢方治療・養生法

 

「不妊症」の漢方治療・養生法

 

「長引く咳」の漢方治療・養生法

 

〜「腰痛」の治療法〜 Part2

発症すると日常生活にも支障をきたす腰痛の悩み、検査をして原因が特定できる腰痛と、原因がはっきりしないものの痛みがある場合があります。

また内臓疾患により腰痛が出る場合もあるので注意が必要です。

 

youtsu

 

【腰痛の主な分類】

 

① 椅子に座ると腰が痛む

 

② 朝起きる時に腰が痛む

 

③ ぎっくり腰

 

④ 腰が痛く痺れもある

※この他にも腰痛の分類があり、内臓疾患により腰の痛みが出る場合もあります。 症状がある方は医療機関を受診してください。

 

 

【腰痛の分類別治療法】

 

① 椅子に座ると腰が痛む

 

特徴:骨盤の位置が悪く腰の筋肉群が疲労しているタイプです。

   また、腰や下半身のだるさを伴う場合は「腎」が衰えている可能性があります

   。中医学の「腎」は腎臓そのものではなく、生命力や生殖器系、若さ、腰や下

   肢の強さと関係が深いとされており、腰の痛みやだるさなどは「腎」の衰えと

   関連づけられることがあります。

 

治療方法:骨盤調整をし、下半身を滋養する生薬を処方します。

 

 

② 朝起きる時に腰が痛む

 

特徴:睡眠を取っても、筋肉疲労が回復していないタイプです。

   夜寝ている間は血流が悪くなりやすく、筋肉の疲労がある場合は血行不良が悪

   化しやすく、疲労も回復しにくい傾向にあります。

 

治療方法:運動療法を実施し、疲労回復の生薬を処方します。

 

 

③ ぎっくり腰

 

特徴:重い荷物を持った時や急に屈んだりした時などに、急激な腰痛を引き起こし、

   動けなくなるものです。

 

治療方法:鍼で緊張した筋肉をほぐし、関節を正常に動かすような施術をします。

 

 

④ 腰が痛く痺れもある

 

特徴:筋肉の炎症と、神経痛もあるタイプです。

   背骨からは沢山の神経が出ています。この神経の通り道が圧迫されると痺れを

   感じます。圧迫されている場所により痺れが出る場所が異なります。

 

治療方法:まずは検査をして腰痛の原因を探り、原因に沿って適切な治療方法を実施

     します。

 

 

 

【腰痛の治療が得意な理学療法士の治療室】

 

王文卿 先生

 

dr

 

Aさんは上海に住む30代の男性です。長年腰痛に悩み、腰椎の手術をしましたが、かえって痛みが悪化し、腰がこわばり、歩くのも大変な状態になっていました。

 

王先生はAさんの腰の状態を丁寧にチェックしていきました。腰を曲げられる角度や筋肉の状態などを確認し、腰の活動域がかなり狭まっていること、腰の筋肉が萎縮していることを指摘しました。

 

それから理学療法を始めました。まず、腰の活動域を回復させるトレーニングをした後、腰と背骨の手術後のこわばりをほぐし、そしてまた腰の筋肉の機能を高めるトレーニングをしました。また、足の筋肉伸ばし、歩く姿勢を補正しました。

 

王先生はAさんに家でのトレーニング方法を教え、毎日30分~45分ほど家でトレーニングをするように指導をしました。Aさんは王先生に言われた通りトレーニングを続けながら治療に通いました。

 

約二カ月の理学療法を経てAさんは腰の痛みが無くなり、腰の活動域も筋肉の機能も回復し、正常に歩くことができるようになり、治療終了となりました。

 

 


 

 

診察予約はこちら

 

 

 

なんでも相談はこちら

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

 


 

 

■バックナンバー

 

「咳・喘息」の漢方治療・養生法

 

「めまい」の漢方治療・養生法

 

「首肩の痛み」の鍼灸治療・養生法

 

「乾燥肌」の漢方治療・養生法 

 

「風邪&咳」の漢方治療・養生法

 

「冷え性」の漢方治療・養生法

 

「睡眠障害」の漢方治療・養生法

 

「生理痛」の漢方治療・養生法

 

「アトピー」の漢方治療・養生法

 

「生活習慣病」の予防・養生法

 

「繰り返す下痢」の漢方治療・養生法

 

「むくみ」の漢方治療・養生法

 

「腰痛」の漢方治療・養生法

 

「慢性鼻炎」の漢方治療・養生法

 

「胃痛」の漢方治療・養生法

 

「不妊症」の漢方治療・養生法

 

「長引く咳」の漢方治療・養生法

 

〜「咳・喘息」の漢方治療・養生法〜

上海で生活をしている日本人の多くが心配をしている呼吸器系のトラブル、咳が出やすい方、喘息持ちの方は症状が悪化しやすい傾向にあります。

咳が続く方、喘息の方は環境や食生活を見直し、漢方薬で体質を改善することで症状が落ち着くことがあります。

 

咳イラスト

 

【咳・喘息の症状の主なタイプ(中医学)】

 

① 黄色い痰が多く咳が出る

 

② 白い痰が多く咳が出る

 

③ 乾いた咳が夜に多く出る

 

④ 透明な鼻水が咽喉に流れ咳が出る

 

⑤ 動くと咳が出て呼吸が苦しい

※上記以外の咳・喘息のタイプもあります。症状がある方は中医師にご相談ください。

 

長引く咳の漢方治療・養生法はこちら

 

風邪&咳の漢方治療・養生法はこちら

 

 

【咳・喘息の症状のタイプ別漢方治療・養生法】

 

① 黄色い痰が多く咳が出る

 

特徴:身体に湿った熱が溜まっているタイプです。感染症や炎症を起こしており、粘

   り気のある黄色の痰が特徴で、熱っぽかったり、むせるように咳きこんだり、

   胸が苦しかったりすることがあります。

 

治療:熱を冷まし解毒をする漢方と痰を排泄する漢方

 

養生:×お酒、揚げ物、ケーキなど

   セロリ、ルッコラ、菊花など

 

 

② 白い痰が多く咳が出る

 

特徴:身体に湿が溜まっているタイプです。飲食物の不摂生や消化器系の働きが弱い

   ことなどにより水分の運搬と排泄が滞り、痰となって咳を起こしやすくなりま

   す。食欲が無かったり、お腹の調子が悪かったり、元気がなく疲れやすかった

   りする人が多く、ジュクジュクするタイプのアトピーを併発していることもあ

   ります。

 

治療:消化器系の働きを改善する漢方と痰を排泄する漢方

 

養生:×お酒、揚げ物、甘いものなど

   ミカンの皮を乾燥させたもの、冬瓜、トウモロコシのヒゲ茶など

 

 

③ 乾いた咳が夜に多く出る

 

特徴:呼吸器系の潤いが減っているタイプです。痰は少なく、乾いた咳が特徴で、口

   や咽喉の乾燥感があり、夜になると悪化する傾向があります。肌も潤いが無く

   カサカサしていたり痒みが出たりすることもあります。

 

治療:肺に潤いを与える漢方

 

養生:×香辛料、羊肉、ミカンなど

   梨、ユリ根、銀杏など

 

 

④ 透明な鼻水が咽喉に流れ咳が出る

 

特徴:肺の気が低下して免疫力が低下しているタイプです。白っぽい顔色をしてお

   り、風邪を引きやすく治りにくく、気候が変化するとすぐに咳が出る傾向に

   あります。

 

治療:気を補い、免疫力を調整する漢方と鍼治療

 

養生:×冷えたビール、アイスクリーム、海鮮など

   梅干し、蓮の実、薬用人参など

 

 

⑤ 動くと咳が出て呼吸が苦しい

 

特徴:「腎」の機能が低下しているタイプです。中医学の「腎」は西洋医学の腎臓そ

   のものではなく、生命力や若さ、生殖機能や水分代謝などと関係が深い臓だと

   されています。また、肺が吸い込んだ気を身体の奥に引き込む(深い呼吸をす

   る)るのも腎の働きによるものだと考えられています。

   このタイプの方は慢性的に咳をしており、動いたり運動をしたりすると咳が悪

   化し呼吸が苦しくなる傾向にあります。身体の機能が未成熟な子供や病人、老

   人などに多く、子供の場合は成長と共に改善していくこともあります。

 

治療:「腎」を補い、身体を強くし、呼吸を深くする漢方

 

養生:×疲労、冷え、ハウスダストなど

   クルミ、五味子茶、紫蘇の実など

 

 

【呼吸器科の老中医の診察室】

 

施紅 先生

 

施紅0

 

上海在住のAさん、もともとアレルギーもあり、風邪も引きやすい体質でした。空気の悪い日に咳が出るようになり、咳が出ると西洋の病院へ行き、吸入をしたり西洋の薬を服用したりしていましたが、服用をやめるとまたすぐ咳が出るというのを繰り返していました。 今回は風邪を引いた後の咳が止まらず、当クリニックを受診されました。

 

診察の結果、Aさんは呼吸器の抵抗力が弱く(肺気虚)アレルギーもあり咽喉が敏感で刺激を受けやすい状態であると施先生は判断しました。

呼吸器の抵抗力が弱い方は、風邪を引きやすく、その後の症状の回復も遅い方が多く見られます。

先生は咳を止める生薬の他に、身体の抵抗力を高める生薬をメインで使用し、炎症やアレルギー症状を抑える生薬を補佐的に使用しました。

先生からは、胃腸に負担がかかるものやお酒、辛いものは控えるように指導がありました。

 

咳の他に、疲れやすい、身体がだるいなどの症状があり、咳が治まった後もしばらく漢方の服用を続けました。

 

現在は風邪を引くことは減り、引いてもすぐに治るようになりました。

空気が悪い日は咽喉に痰が少し絡まりますが、咳の発作は出なくなりました。

 

 


 

 

診察予約はこちら

 

 

 

なんでも相談はこちら

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

 


 

 

■バックナンバー

 

「めまい」の漢方治療・養生法

 

「首肩の痛み」の鍼灸治療・養生法

 

「乾燥肌」の漢方治療・養生法 

 

「風邪&咳」の漢方治療・養生法

 

「冷え性」の漢方治療・養生法

 

「睡眠障害」の漢方治療・養生法

 

「生理痛」の漢方治療・養生法

 

「アトピー」の漢方治療・養生法

 

「生活習慣病」の予防・養生法

 

「繰り返す下痢」の漢方治療・養生法

 

「むくみ」の漢方治療・養生法

 

「腰痛」の漢方治療・養生法

 

「慢性鼻炎」の漢方治療・養生法

 

「胃痛」の漢方治療・養生法

 

「不妊症」の漢方治療・養生法

 

「長引く咳」の漢方治療・養生法

 

Next Page >