つらいときにはこのツボ

咽喉の痛みに効く!ツボ押し

【天突(てんとつ)】

 

tenntotu

 

天突は身体の中心線上にあり、左右の鎖骨の間の真ん中に位置します。

押す時は咽喉に向かって押さずに、くぼみに人差し指をひっかけるようにして下向きに押しましょう。

 

このツボは咳や喉の痛みや腫れの他、咽喉が詰まる感じなどの治療に使われます。

 

 

【少商(しょうしょう)】

 

syousyou

 

少商は左右の親指の爪の外側の付け根の少し外側に位置し、押すと痛みを感じます。

別名を鬼信と言い、精神的な症状に使うツボ(十三鬼穴)のうちの一つでもあります。

 

肺の経絡上にあるツボで、肺の働きを調節し、咽喉の痛みや腫れを和らげたり、咳を止めたり、解熱したりする他、鼻血が出るときや精神的な症状、気付けにも使われるツボです。

 

 

【合谷(ごうこく)】

 

goukoku

 

合谷は両手の甲にあります。

手の甲にある人差し指の骨を指の付け根から手首側にたどっていくと少しくぼんでいる場所があります。そこが合谷です。

人差し指の骨に向かって押し込むとズーンと痛みを感じる場所です。

 

親指の骨と人差し指の骨の間が谷のようになっているのが名前の由来と言われています。

 

身体の上部の気血の巡りを改善させる働きがあり、特に首から上に現れる症状に効果があります。

風邪の引き始め、眼の疲れ、鼻の症状、歯の痛み、肩こり、便秘、ストレスなど様々な症状を改善させる働きがあり、万能ツボとしても知られています。

 


 

保険のこと、漢方、鍼灸治療についての疑問、どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

→なんでも相談はこちら

 

→診察予約はこちら

 

 

立ちくらみに効く!ツボ押し

【中渚(ちゅうしょ)】

 

tyusyou

 

中渚は両手の甲、小指と薬指の骨の間にあります。薬指の付け根にある骨の出っ張りよりも少し手首側に位置します。薬指の骨のキワに向かって押すと良いでしょう。

 

中渚は平衡感覚を司る耳の三半規管を調節する働きと、血流を改善する働きがあります。 立ちくらみやめまいの他、耳鳴り、偏頭痛などにも効果的なツボです。

 

 

【太谿(たいけい)】

 

taikei

 

太谿は両脚の内くるぶしのすぐ後ろ、アキレス腱との間にあります。

 

太谿とは大きな渓流という意味で、腎の経絡を流れている水が注ぎこみ、大きな渓流を作る場所ということからこの名前がつけられています。

 

血圧の変動により起こる立ちくらみやめまいの他、冷えやむくみ、腰痛、泌尿器系の症状、生理不順、精力減退、身体の抵抗力の改善などに効果のあるツボです。

 

 


 

保険のこと、漢方、鍼灸治療についての疑問、どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

→なんでも相談はこちら

 

→診察予約はこちら

 

 

胃腸の症状に効く!ツボ押し

【中脘(ちゅうかん)】

 

tyukan

中脘(ちゅうかん)はおへそから指五本分真上にあり、少しへこんでいます。

 

胃腸の働きを高めたり、自律神経を整えたりする働きがあり、腹痛や胃の不快感、胃痛、お腹の張り、下痢や嘔吐、疲れ、不眠などに効果的です。

 

 

【手三里(てさんり)】

tesanri

手三里(てさんり)は両方の腕の外側、肘を曲げた時にできる線の先端から骨に沿って指三本分手首側にあります。

肘をつかむようにして親指で刺激をすると良いでしょう。

押すと指先の方までズーンと響く感覚があります。

 

胃腸の働きを整え、消化を助けたり、食欲不振、下痢、腹痛などを改善させる他、腕の痛みや歯の痛みなどにも効果のあるツボです。

 

 

【足三里(あしさんり)】

 

ashisanri

 

足三里(あしさんり)は両足のスネにあります。膝の外側でお皿の下から指四本下がった場所で、くぼんでいる所です。

押すと足の先の方までズーンと響く感覚があります。

 

胃腸の調子を整える働きがあり、食欲不振や下痢や嘔吐、元気がなくだるいときなどに使います。また、膝や足の痛みなどにも効果のあるツボです。

 


 

保険のこと、漢方、鍼灸治療についての疑問、どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

→なんでも相談はこちら

 

→診察予約はこちら

 

 

膝の痛みに効く!ツボ押し

【委中(いちゅう)】

 

ityuu-after

 

委中は両膝の裏側、膝を曲げた時にできる横じわの真ん中にあります。

委とは曲がるという意味、中は中央という意味で、ツボのある場所を表しています。

 

膝を曲げて両手の親指を委中に重ね、膝をつかむようにして押すと良いでしょう。 このツボは膝の痛みの他、腰痛、肩の痛み、足のむくみや冷え、腹痛や嘔吐、泌尿器系の症状などに効果的です。

 

 

【膝眼(しつがん)】

 

shitugan-after

 

膝眼は両膝の皿の下両側にあり、少しくぼんでいいます。外側のツボを外膝眼と言い、内側にあるツボを内膝眼と言います。

膝の皿の下両側にあってくぼんでいる様子が目のようなのでこの名前がつけられています。

 

膝の外側が痛い時は外膝眼を重点的に押し、内側が痛い時は内膝眼を重点的に押しましょう。

 

 


 

保険のこと、漢方、鍼灸治療についての疑問、どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

→なんでも相談はこちら

 

→診察予約はこちら

 

目の疲れに効く!ツボ押し

【睛​明(せいめい)】

 seimei

 

睛明(せいめい)は鼻の付け根の両側、目頭の位置にあります。

鼻の付け根に向かって両側から刺激をします。

眼球を傷つけないように気を付けてください。

 

睛明とは目が明るく見えるという意味です。

このツボは目の疲れを解消する他、目の痒み、腫れぼったさ、鼻水や鼻づまりの症状を解消する働きもあります。

 

 

【魚腰(ぎょよう)】

 

gyoyou

 

魚腰(ぎょよう)は顔を正面から見た時に黒目の真上で眉の高さにあります。

少しくぼんでいる場所で、両手の親指で下から押し上げるように押すと鈍い痛みを感じます。

 

このツボは目の疲れを解消する他、目の赤みや腫れ、仮性近視などにも効果的です

 

 


 

保険のこと、漢方、鍼灸治療についての疑問、どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

→なんでも相談はこちら

 

→診察予約はこちら

 

Next Page >