つらいときにはこのツボ

初秋の咳に効く!ツボ押し

蒸し暑い夏が過ぎ、涼しげな秋が訪れました。コンコンと咳をする人が目立ち始めます。秋は「燥」の季節で、「肺」の働きが低下してしまうのです。今回は初秋の咳に有効なツボをご紹介します。

 

【初秋の咳に効く!ツボ

 

 

1500

 

①中府

中府(ちゅうふ)は鎖骨の外側、やや下のくぼみにあります。

 

 

 

2500

②尺沢

尺沢(しゃくたく)は手の平を上に向けて肘を曲げ、肘のシワ中央の健の右側にあります。

 

これらのツボは「肺」の経絡に属しており、肺の働きを調える効果があります

 

 

3500

 

③三陰交

三陰交(さんいんこう)は内くるぶしの上へ向かって指3本分のところに位置しています。

 

三陰交は幅広い疾患に応用されるツボです。胃腸の働きを調えることで免疫力向上を果たします。

 

刺激は「痛気持ちいい」くらいが適切です。ご家族の方に試してあげるときは、加減がいいか聞きながら押してあげましょう。

 

 

体調不良が続く場合は医療機関の受診をおすすめいたします。

 


 

保険のこと、漢方、鍼灸治療についての疑問、どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

→なんでも相談はこちら

 

→診察予約はこちら

 

 

 

 

「就寝前の短時間で!律神経コントロールに効く!ツボ押し」

夏真っ盛り!日中は蒸し暑いけれど、オフィスやショッピングモールはエアコンが効いていて気持ちいい・・・。でも、激しい温度差は自律神経を乱しがちです。
今回は就寝前に短時間で手軽にできる自律神経コントロールに有効なツボをご紹介します。

 

【就寝前の短時間で!自律神経コントロールに効く!ツボ

 

 

1500

 

①百会

百会(ひゃくえ)は頭の頂点に位置しています。耳を前方に折り曲げ、左右の耳の頂点を結んだ中間にあります。

名前の通り、たくさんの経絡が集まる場所で、臨床でも多くの疾患に使用されています。リラックス効果があるため不眠やウツ治療にも使用されています。

 

 

 

2500

②内関

内関は手首の横じわからひじのほうへ指を3本あてた、その中央に位置しています。

「心包」という経絡上にあり、百会のようなリラクゼーション効果のほか、胸や胃腸の不調にも広く使用されています。

 

 

3500

 

③太衝

太衝(タイショウ)は足の甲の、第一指と第二指の骨が交わるくぼみにあります。

ストレスをつかさどる「肝」の働きを改善し、「陰液」を身体にめぐらせることができます。

 

 

④両手両足の爪の両脇

厳密にはそれぞれにツボがあるのですが、今回は「両手両足の爪の両脇」としてご紹介します。

指を一本ずつ、親指と人差し指で詰めの両脇をやさしくもんでください。経絡の多くは指先で連結しており、ここを刺激することで「五臓六腑」を広く整えることができます。また末端の刺激による血行改善も期待できます。

 

刺激は「痛気持ちいい」くらいが適切です。ご家族の方に試してあげるときは、加減がいいか聞きながら押してあげましょう。

 

 

体調不良が続く場合は医療機関の受診をおすすめいたします。

 


 

保険のこと、漢方、鍼灸治療についての疑問、どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

→なんでも相談はこちら

 

→診察予約はこちら

 

 

 

 

「エアコンにあたってだるいときに効く!ツボ押し」

暑い室外からもどって、エアコンスイッチON!あぁ涼しい・・・と思ったらなんだか身体が重くなってきて・・・?
急激な環境変化に自律神経が追い付けていません!こんなときに効くツボをご紹介します。

 

【エアコンにあたってだるいときに効く!ツボ

 

 

1500

 

①足三里
足三里(あしさんり)は膝下のくぼみから指3本分下のところに位置しています。
②三陰交
三陰交(さんいんこう)は内くるぶしの上へ向かって指3本分のところに位置しています
それぞれ胃腸の不調に幅広く使用されているツボです。また章門は胃腸にかぎらず内臓の諸問題にも有効とされています。

足三里は胃腸の不調だけではなく疲労回復や足の痛みなどにもよく使用されている、万能選手です。
三陰交は胃腸、肝臓、腎臓の不調によく使用されています。冷えがある方にも有効です。

 

 

 

2500

 

③湧泉
湧泉(ゆうせん)は足の裏側にあります。足のつま先とかかとを結ぶ線上の、つま先側約1/3のところにあるくぼみに位置しています。
足の血流を促進する効果があり、冷えに対してもよく使用されています。

 

 

 

3500

 

④大椎
大椎(だいつい)は、首の後の背骨上にあります。顎を引いたときに特に目立つ飛び出た骨の真下です。
医学では風邪(ふうじゃ)の入り口として大椎を重要視しており、エアコンにあたってゾクゾク悪寒がするような時にも有効なツボです。

 

 

刺激は「痛気持ちいい」くらいが適切です。ご家族の方に試してあげるときは、加減がいいか聞きながら押してあげましょう。

 

 

体調不良が続く場合は医療機関の受診をおすすめいたします。

 


 

保険のこと、漢方、鍼灸治療についての疑問、どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

→なんでも相談はこちら

 

→診察予約はこちら

 

 

 

 

お腹がゆるいときに効く!ツボ押し

暑い日にはキーンと冷えた飲み物が気持ちよくて、ゴクゴク飲んでしまいます!そしてクーラーの風にあたって涼んで・・・あれ、なんだかおなかの調子が悪くなってきたような・・・?冷たい飲み物を控えるほか、お腹がゆるいときに効くツボで調子を取り戻しましょう。

 

【お腹がゆるいときに効く!ツボ押し

 

 

1500

 

①水分

水分(すいぶん)はおへその上、指幅1本分のところにあります。

②天枢
天枢(てんすう)はおへその両脇、指幅2本ぶん外側にあります。左右それぞれ人差し指でおへその奥を指さすように指圧します。

水分は名前の通り身体の水分を調整し、便を固くします。
天枢は腸の不調によく使用されるほか、婦人科系の疾患にも使用されています。

 

 

 

 

2500

 

③足三里
足三里(あしさんり)は膝下のくぼみから指3本分下のところに位置しています。
④三陰交
三陰交(さんいんこう)は内くるぶしの上へ向かって指3本分のところに位置しています
それぞれ胃腸の不調に幅広く使用されているツボです。また章門は胃腸にかぎらず内臓の諸問題にも有効とされています。

足三里は胃腸の不調だけではなく疲労回復や足の痛みなどにもよく使用されている、万能選手です。
三陰交は胃腸、肝臓、腎臓の不調によく使用されています。冷えがある方にも有効です。

 

 

刺激は「痛気持ちいい」くらいが適切です。ご家族の方に試してあげるときは、加減がいいか聞きながら押してあげましょう。

 

 

体調不良が続く場合は医療機関の受診をおすすめいたします。

 


 

保険のこと、漢方、鍼灸治療についての疑問、どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

→なんでも相談はこちら

 

→診察予約はこちら

 

 

 

 

げっぷが続くときに効く!ツボ押し

げっぷは胃にたまった空気が外に排出される現象です。・・・とはいうものの、人前でげっぷが続くとなると気まずい思いをすることに。今回はげっぷに効くツボをご紹介します。

 

【げっぷが続くときに効く!ツボ

 

 

A500

 

①天突

天突(てんとつ)は鎖骨中央にあるくぼんだ部分にあります。 天突はしゃっくりのほか、咳などの気管にまつわる疾患に多用されています。デリケートな部分なので、マッサージにはコツが必要です。気管に向かって垂直に押すのではなく、くぼみに指をひっかけてフックをかけるように、やや下方向に力をかけます。

 

 

 

B500

 

②中脘

中脘(ちゅうかん)はおへそから指5本分あがったところに位置しています。

 

 

 

C500

 

③内関

内関(ないかん)は手首の横じわからひじのほうへ指を3本あて、その中央に位置しています。

 

 

 

D500

 

④足三里

足三里(あしさんり)は膝下のくぼみから指3本分下のところに位置しています。

 

 

天突以外の3つのツボは、いずれも胃腸の不調に対して広く利用されているツボです。

 

 

刺激は「痛気持ちいい」くらいが適切です。ご家族の方に試してあげるときは、加減がいいか聞きながら押してあげましょう。

 

 

体調不良が続く場合は医療機関の受診をおすすめいたします。

 


 

保険のこと、漢方、鍼灸治療についての疑問、どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

→なんでも相談はこちら

 

→診察予約はこちら

 

 

 

 

Next Page >