つらいときにはこのツボ

風邪予防に効く!ツボ

年末年始のご帰省から上海に戻ると、人の多さに寄ってしまいそうになります。雑踏には風邪のウイルスがたくさん!マスクをしたりこまめな手洗いが風邪予防の基本ですが、今回ご紹介するツボを合わせると、もっと効果的です!

 

【風邪予防に効く!ツボ】

 

 

1500

 

①大椎

大椎(だいつい)は、首の後の背骨上にあります。顎を引いたときに特に目立つ飛び出た骨の真下です。

中医学では大椎は「三陽の通り道」として、風邪に対する重要な役割を持っていると考えています。予防だけでなく、引き初めにもよく使用されています。

 

 

 

2500

 

②中脘

中脘(ちゅうかん)はおへそから指5本分あがったところに位置しています。 胃腸の働きを助けます。健康な身体、はまず健康な胃腸から!です。

 

3500

 

③足三里

足三里(あしさんり)は膝下のくぼみから指3本分下のところに位置しています。

養生のツボとしても有名な足三里は、中脘同様に胃腸の働きを強化します。鼻やのどから侵入したウイルスは胃にも到達しますが、胃酸によって殺菌されるのです。健康な胃腸は殺菌のほか排便による排毒にも有効ですので、辛かったり脂っこかったりするような刺激的な食事は少なくしましょう。

 

 

これらのツボにホッカイロをあてて温めるのも、とても効果的です。肌に直接長時間あてると低温やけどの心配があるので、服の上からあてるなど調整しましょう。

 

刺激は「痛気持ちいい」くらいが適切です。ご家族の方に試してあげるときは、加減がいいか聞きながら押してあげましょう。

 

体調不良が続く場合は医療機関の受診をおすすめいたします。

 


 

保険のこと、漢方、鍼灸治療についての疑問、どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

→なんでも相談はこちら

 

→診察予約はこちら

 

 

 

 

「大掃除の疲れに効く!ツボ押し」

もういくつ寝るとお正月、お正月にはタコ挙げて・・・いや!まだ大掃除が終わっていません!一年の汚れを落として、お正月を迎えたいのだけれど、でも大掃除って疲れてしまうと不安な方へ、大掃除の疲れに効くツボをご紹介します。これで気持ちよくお正月を迎えることができます!

 

【大掃除の疲れに効く!ツボ】

 

 

1500

 

①肩井

肩井(けんせい)は乳頭に手を置いて、そのまま肩の上縁まで移動させ、その周辺のコリを感じる部分を探します。 親指以外の4本指をひっかけてフックをかけるように、やや下方向に力をかけると刺激を与えやすいです。

 

 

 

2500

 

②承山

承山(しょうざん)はふくらはぎにあります。つま先立ちをしたときにぽっこり膨らむ筋肉(腓腹筋といいます)の下側の境界線中心に位置しています。 立ち仕事で張ったふくらはぎをほぐしてくれます。

 

3500

 

③腎兪

腎兪(じんゆ)は気を付けの姿勢をしたときに肘がわき腹にあたる高さにあります。背骨の中心から左右へ指の幅2本離れたところをぐっと押し込みましょう。 「腎」の働きを助けることで疲れをいやすほか、腰の筋肉をほぐしてくれます。

 

无标题4500

 

これらのツボにホッカイロをあてて温めるのも、とても効果的です。肌に直接長時間あてると低温やけどの心配があるので、服の上からあてるなど調整しましょう。

 

刺激は「痛気持ちいい」くらいが適切です。ご家族の方に試してあげるときは、加減がいいか聞きながら押してあげましょう。

 

体調不良が続く場合は医療機関の受診をおすすめいたします。

 


 

保険のこと、漢方、鍼灸治療についての疑問、どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

→なんでも相談はこちら

 

→診察予約はこちら

 

 

 

 

下半身の冷え性に効く!ツボ押し

短い秋が終わり、どんどん寒くなっていきます。すると・・・冷え性な方には厳しい冬がやってきます!

携帯カイロやブランケットの活用のほか、今回ご紹介する冷え性対策のツボで冬を乗り切りましょう!

 

 

【冷え症に効く!ツボ】

 

 

无标题1500

 

①中脘
中脘(ちゅうかん)はおへそから指5本分あがったところに位置しています。

胃腸の働きを助け、気血のめぐりをよくする働きがあります。

 

 

 

无标题2500

 

②承山

承山(しょうざん)はふくらはぎにあります。つま先立ちをしたときにぽっこり膨らむ筋肉(腓腹筋といいます)の下側の境界線中心に位置しています。

ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれ、足の血液を上半身に送り出す重要な役割をもっています。

 

无标题3500

 

③太渓

太渓(たいけい)は内くるぶしのすぐ後ろにあります。こちらも承山同様に下肢の血行改善に効果があります。

 

无标题4500

④湧泉

湧泉(ゆうせん)は足の裏側にあります。足のつま先とかかとを結ぶ線上の、つま先側約1/3のところにあるくぼみに位置しています。こちらは足の裏がつったときに有効です。足の裏はほかの筋肉とくらべて少ないため、血流が不足しがちな結果、冷えやすいのです。またこのツボと太渓は「腎」を強化し、これによる気血のめぐりを改善する目的があります。

 

 

刺激は「痛気持ちいい」くらいが適切です。ご家族の方に試してあげるときは、加減がいいか聞きながら押してあげましょう。

 

体調不良が続く場合は医療機関の受診をおすすめいたします。

 


 

保険のこと、漢方、鍼灸治療についての疑問、どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

→なんでも相談はこちら

 

→診察予約はこちら

 

 

 

 

「運動の秋、食欲の秋、読書の秋に効く!ツボ」

秋といえば!運動の秋、読書の秋、そして食欲の秋!やりたいことが盛りだくさんです。

今回はさまざまな症状に効くツボをご紹介します。

 

 

【運動の秋に効く!ツボ】

主に足の疲労をとるツボをご紹介します。

 

A500

 

①陽陵泉

陽陵泉(ようりょうせん)は足の外くるぶし側、膝の真横を少し下がったところにある骨の突き出ている部分の真下にあります。

中医学ではこのツボは様々な筋肉にかかわる症状に応用されています。

 

②太渓

太渓(たいけい)は内くるぶしのすぐ後ろにあります。

リラックス効果のために応用されるほか、解剖学的には足の筋肉を中心に全体をほぐす効果があるとされています。

 

 

【読書の秋に効く!ツボ】

疲れ目に効くツボをご紹介します。

 

B500

 

①晴明

晴明(せいめい)は眼の内側やや上部にあります。

よく目が疲れたときに親指と人差し指で抑えるあの場所がまさに晴明です。

 

C500

 

②合谷

合谷(ごうこく)は手の甲を上にし、親指と人差し指の付け根のくぼみにあります。

 

 

【食欲の秋に効く!ツボ】

胃もたれなどに効くツボをご紹介します。

 

D500

 

①足三里

足三里(あしさんり)は膝下のくぼみから指3本分下のところに位置しています。

 

E500

 

②内関

内関(ないかん)は手首の横じわからひじのほうへ指を3本あて、その中央に位置しています。

 

 

刺激は「痛気持ちいい」くらいが適切です。ご家族の方に試してあげるときは、加減がいいか聞きながら押してあげましょう。

 

体調不良が続く場合は医療機関の受診をおすすめいたします。

 


 

保険のこと、漢方、鍼灸治療についての疑問、どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

→なんでも相談はこちら

 

→診察予約はこちら

 

 

 

 

「寝違えに効く!ツボ押し」

おはよー!・・・あれ、首どうしたの?それ以上曲がらないの?「うん・・・寝違えちゃって・・・」。寝違えた日は一日が不便ですよね。

今回はそんな症状に効くツボをご紹介します。

 

 

 

【寝違えに効く!ツボ】

 

 

1500

 

肩井

肩井(けんせい)は乳頭に手を置いて、そのまま肩の上縁まで移動させ、その周辺のコリを感じる部分を探します。

親指以外の4本指をひっかけてフックをかけるように、やや下方向に力をかけると刺激を与えやすいです。

 

 

 

2500

 

大椎

大椎(だいつい)は、首の後の背骨上にあります。顎を引いたときに特に目立つ飛び出た骨の真下です。

大椎は寝違えのような筋肉の問題に効果があるほか、風邪を引いたときにもよく使用されるツボです。

 

 

3500

 

 

天柱、風池

天柱(てんちゅう)、風池(ふうち)はおおよそ後頭部の髪の生え際にあります。首の後ろをとおっている2本の太い筋肉の筋と生え際の交差するところを刺激します。

こちらも大椎と同じく風邪にも使用されています。

 

 

4500

 

後渓

後渓(こうけい)は手のひらの小指側の側面にあります。手のひらの横ジワの端のやや下にあるくぼみを、下から小指側に押し上げるように刺激します。

後渓は首と離れたところにありますが、寝違えや肩こりなどにも幅広く使用されています。

 

刺激は「痛気持ちいい」くらいが適切です。ご家族の方に試してあげるときは、加減がいいか聞きながら押してあげましょう。

 

ご注意!

寝違えの原因は、就寝時の姿勢が適切でないために起こることが主です。一方で、慢性的に局部に問題を抱えていると、寝違えを起こしやすいことになります。その場合はたとえ寝違えが起きていなくとも適切な処置が必要です。

 

体調不良が続く場合は医療機関の受診をおすすめいたします。

 


 

保険のこと、漢方、鍼灸治療についての疑問、どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

→なんでも相談はこちら

 

→診察予約はこちら

 

 

 

 

Next Page >