中医学の知ってて得する(Wechat配信)記事

中医学で「関節の痛み・むくみ」治療

リンク

 

突然ですが!

【これらの症状ででお悩みではありませんか?】

 

top500

 

 

【私にお任せください】

淑华

 

_(1)-2500

 

 

関節の痛み・むくみに鍼治療

身体には経絡(気)の流れが悪くなりやすい所にツボがあります。

よってツボを刺激することで。関節の循環が改善され、痛みや浮腫みが軽 減されます。また、ツボには直接痛みを緩和する効果もあるため、痛みに 過敏な人や激しい痛みを調節することができます。漢方薬と同時に治療す ると更に効果的です。

 

 

「関節の痛みやむくみ」の相談や、診察予約についてはこのページ下部のフォームからお願いいたします。

 

保険についてのご質問や漢方ってどうやって飲むの?苦い?など、なんでも相談できます。

 

 

症状の原因と漢方治療

 「関節の痛みむくみの症状」や「個々人の体質」を診て、先生がオリジナ ルで処方します!

 

①歩くと足が痛い

 

足が痛い

 

【原因】足の関節に、炎症が起きている湿熱タイプ。久 しぶりに運動したりすると腫れたりする。お酒やお肉が 好きな人に多い症状。

【漢方治療】胃腸の働きを守りながら、体内の老廃物 (湿熱)を排泄解毒する漢方を処方。

 

②膝や足首が浮腫む

 

膝や足首

 

【原因】雨季から初夏にかけて、身体の中に湿気 が多い人が、下半身が浮腫みやすくなります。血 液の循環も悪くなり、更に余分な湿気を排泄でき なくなり更にむくみます。炭水化物や糖分を好ん で食べる人に多い症状。

【漢方治療】利尿作用の漢方に加えて、血流改善 や心臓を強くする漢方を配合。

 
③指が痛み動かしにくい

指

 

 

【原因】指関節に栄養が滋養されないため、また、 風・湿・熱・寒さなどが体に溜まり、慢性的な痛み の原因に。リウマチやその他の検査が必要な場合 も。

【漢方治療】漢方特有の「風湿熱」を取り除き、痛 みを緩和する漢方を配合。胃腸を調え、関節に栄養 を送れる体質に調節する漢方も合わせて処方。

 
④朝起きたら関節が痛む

 

関節

 

【原因】身体の老廃物(痰湿瘀)の処理が間に 合わないタイプ。三食の食べる量が、夜に一番 多い人になりやすく、運動習慣のない人にも多 い症状。

【漢方治療】便と尿をスムーズに排泄し、血の 流れを改善し痛みを緩和する漢方を処方。

 

 

実際の治療例

 

鄭 淑華先生に、中医学の関節痛治療例は実際にどのようなことを行っているのか、聞いてみました。実際にあった例を紹介します。

 

 

症状

 

10

 患者 A さんは男性で 40 代の会社員です。 毎日仕事で長時間パソコンを使っているの で、右肘の外側が痛くなり、力が入りませ ん。

右肘の可動範囲が制限されていて、 重いもの も持てなくなり、ゴルフなどの運動もできな くなっていました。

 

 

【中医学的診断】
①舌診

4200

舌先と縁が赤く、歯形があります。

 

②脈診

細い弦のような脈が滑るように流れています。

 

【医師の診断】

診断名:右上腕骨外顆炎。

長い間、毎日長時間マウスを使い、単調に同じ動作を繰り返し、右前腕の筋肉の腱の過労と炎症を招きます。漢方医学では経絡が損傷し、気が滞り、血行が通じ ないと痛いです。

 

【治療】

基本的には、鍼とお灸で関節の痛みを和らげていきます。

針治療+傷湿止痛膏(痛み止めの漢方湿布)

※また、必要に応じてお灸や漢方薬

8500

(イメージ)

 

【途中経過】

年末年始に発症。その後仕事が忙しく、帰国休暇も重なり、患者は 10~14 日に 1 回の鍼治療となりました。本来、鍼灸は週に2回で効果がアップするものです が A さんの場合諸事情があり、週 2 回の通院が難しいようでした。

 

5回施術後、右肘の痛みが少しずつ緩和されますが、春節休暇明けはパソコンを 使う時間がさらに長くなってしまいます。結果、右肘の痛みがひどくなり、中指 の痛みを伴い、屈伸もできず、治療は鍼と灸を中心に、週に 1 回通院。

 

9回施術後、中指の痛みが軽減されましたが、右肘の痛みは依然としてあります。

 

2週間後にまたパソコンを長時間利用した結果、使い右肘の痛みが再発し、しかもひどくなってしまいました。そのため、再度週に1回通院。

 

13回施術後、肘の痛みは全くなくなりました。

 

 

 

医師から一言

_(1)-8500

 

 

 

診察予約はこちら

 

 

なんでも相談はこちら

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください