Blog

最終結果発表!!!「夏に向けて!一気にダイエット」

main500

2 か月にわたってお送りしてきたこの企画も今回が最終回。自粛太りしてしまっ た A さんは、古川医師や嶋田トレーナーの元、果たしてダイエットに成功したの

でしょうか。ビフォーアフターの驚きの結果を大発表します! 

 

まずはビフォーアフターの写真を…ドン!

 

【正面】

正面500400

 

【横】

横500

 

【背面】

背面500400

 

見た目が全然違う!!一体何キロ瘠せたの??

数値を発表するその前に…

ラストスパートの苦労の様子をご覧ください。

 

停滞期!第 2 波到来!体重が落ちない・・・

 

日記0625A

日記0625B

日記0625C

日記0625D

 

 

具体的な漢方&ダイエット鍼治療はこちら

 

【1か月+2週間、漢方薬を飲んでみて】

 

5

 

【診察時の舌の状態】
舌の色は淡い赤色。舌の質は軟らかいが歯形があります。

 

【診察時の脈の状態】
脈は細く、尺脈が弱い状態。

 

【ケトン体検査】

糖質を制限できていて、身体の中の脂肪を燃焼しているかどうかを調べる「ケト ン体検査」をしました。

 

※ケトン体とは?

脂質が肝臓で代謝されるときにできるのが、ケトン体です。ダイエットや糖質制限中に運 動をすると、脂質をエネルギーにするため、ケトン体が増え尿中に排出されていきます。 一般的には糖尿病の検査等にも使われます。

 

ケトン体検査結果

6

 

充分にケトン体が出ているので、しっかりと脂肪が燃焼されていると思われます。

健康体の方の糖質制限ダイエット中であれば、この数値は問題ありません。

 

 

 

「漢方薬」

7160

 

今回は体内時計を調節するために、昼と夜の処方の種類を変えま した。昼は、「陽気」を補い代謝率を高める処方で、これで日中 は、活発に動けるようになります。また、夜は、血流を良くし心 を落ちつかせる処方で、ゆっくり休めるようにし睡眠の質を高め ます。また、早朝は、意識的に目に光を入れてもらうように指導 しました。

 

 

 

「ダイエット鍼」

8160

 

お腹周りの脂肪代謝を上げる治療と安眠の ツボに加えて、概日リズムを調える経絡に 鍼を打ちました。

トレーニングで足首の古傷に痛みが現れた ため、足首の回りのツボも鍼で刺激し、治 療をしました。

 

 

 

「ダイエット耳ツボ」

9160

 

前回同様、引き続き、耳ツボを続け耳ツボがなくても、耳のツボをマッサージしてもらうようにしました。

 

 

日記0625E

日記0625F

日記0625G

日記0625H

日記0625I
【正面】

正面500400
【横】
横500
【背面】
背面500400

 

4kg 減とは思えないほど見た目が違いますね。82cm あったウエストが 72cm まで、なんと 10cm もダウンしていました!これも、ダイエット鍼とダイエッ ト耳ツボの効果が大きいのかな。

 

 

13

 

14

 

 

トレーニングジム「KOBAHOUSE」では、日本人のパーソナルトレーニングがリーズナブルな金額で受けられます。パーソナルトレーニングは自分では運動習慣がつけられない方でも、楽しく運動習慣ができます。

KOBAHOUSEへのお問い合わせはこちらまで。

KOBA HOUSE QR

 

 

 

★今回、ご紹介した「ダイエット漢方とダイエット鍼&耳ツボ」は、当院の古川先生とマーラ アネスタシア先生が実施しています。

 

DOCTOR500

 

古川先生とマーラ先生の診察は、虹梅路クリニックで、夜20:00まで受けられます。土曜日も施術可能ですので、「ダイエット希望」の方は、この機会にぜひ、お問い合わせください。

 

未标题-1

 

 

箭头500150

 
診察予約はこちら

 

■お名前(必須)

 

■メールアドレス(必須)

 

■電話番号(必須)

 

■年齢(必須)

 

■診察希望日(必須)
◆第一希望

 

◆第二希望

 

■希望の時間帯(必須)

 9:00〜12:00 12:00〜15:00 15:00〜18:00 18:00〜20:00

 

■ご希望の診療所 (必須)

 黄浦診療所 虹梅診療所

 

■保険の有無(必須)

 三井住友海上 東京海上火災 損保ジャパン日本興和 AIU保険 AIG保険 Prestagegヘルスケア  日本発行クレジットカード付帯保険 企業保険 国民健康保険 保険なし その他

 

■相談内容・お悩みの症状(必須)

 

■その他お問い合わせ

 

 

 

 

なんでも相談はこちら

 

■お名前(必須)

 

■年齢(必須)

 

■電話番号(必須)

 

■メールアドレス(必須)

 

■相談内容・お悩みの症状(必須)

 

 

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

 

  • Blog
  • 2020年07月24日