「インフルエンザ」の漢方治療・養生法

毎年流行するインフルエンザ、漢方でウィルスに対する身体の抵抗力をつけて予防をしたり、もともとの体質やインフルエンザの症状に合わせて漢方治療をすることで症状を軽くしたりすることができます。

インフルエンザイラスト

 

【インフルエンザに感染する人の主なタイプ(中医学)】

 

① 毎年のようにインフルエンザに感染する

 

② 発熱悪寒が激しく汗が出ない

 

③ 感染後、胃腸症状が出やすくなる

 

④ 冷えてくるとインフルエンザに感染する

 

※上記以外にもインフルエンザに感染する人のタイプがあります。よくインフルエンザに感染する方、実際に感染している方は中医師にご相談ください。

 

 

【タイプ別漢方治療・養生法】

 

① 毎年のようにインフルエンザに感染する

 

特徴:身体の抵抗力が弱く、皮膚、鼻、咽喉などから病原体が入り込みやすいタイプです。インフルエンザだけではなく、風邪もよく引きやすく、なかなか治らない傾向にあります。このタイプの方は疲れやすく、少し動くとすぐに息切れする方が多いです。

 

治療:感染する前に抵抗力を養い、抗ウィルス作用のある生薬を処方また鍼やお灸で養生をする

 

養生:×睡眠不足、疲労、偏食など。

   山芋、薬用人参、蓮の実など。

 

 

② 発熱悪寒が激しく汗が出ない

 

特徴:インフルエンザに感染したばかりの初期によくある症状で、汗が出ないために熱が下がらない状態です。発熱し赤い顔をして口が乾くタイプの方には強力に汗をかかせ、発熱しているのに本人は寒がり青白い顔をしているタイプの方には身体の芯から温めて汗をかかせて治療をします。

 

治療:身体を温めて汗を出す生薬を処方

 

養生:×入浴、冷えた水、風に当たるなど。

   ミント、白湯、生姜など。

 

 

③ 感染後、胃腸症状が出やすくなる

 

特徴:インフルエンザに感染をした際に、呼吸器の症状の他に、食欲が無くなったり吐気がしたり、下痢をしたりしやすいタイプです。感染時に胃腸の働きが乱れてしまった人の他、もともと胃腸の働きが弱く免疫力が低下している「脾虚」のタイプは消化器系の症状が出やすくなります。

 

治療:胃腸の働きを改善し身体を強くする、抗ウィルス作用のある生薬の処方。

 

養生:×冷えたビール、辛い物、揚げ物など。   
   銀杏、ハトムギ、スベリヒユなど。

 

 

④ 冷えてくると感染しやすくなる

 

特徴:身体が冷えやすい体質の方に多く、冷えにより抵抗力が下がり病原体が侵入しやすくなるタイプです。特に疲れている時には感染しやすい傾向にあります。

 

治療:冬になる前に、身体を温め、病原体が侵入しにくい体質にする生薬を処方。

 

養生:×薄着、生サラダ、生魚など。   
   生姜、羊肉、ホットワインなど。

 

 

【インフルエンザの治療が得意な老中医の診察室】

 

古川  裕三 先生

 

古川裕三

 

Sさんは45歳の女性です。初診の際はインフルエンザではなく、上海に来てから生理前に情緒が不安定になるとのことで来院されました。

古川先生はまずSさんの話を聞きながら、心情を観察しました。Sさんは悲しい様子で、声も詰まる感じで力がありませんでした。時折自分の不甲斐なさにクヨクヨしたり、夜、不安になると眠れず、日中も元気が出ず気持ちも落ち込んだりしてしまうとのことでした。

 

次に、古川先生は質問をしながら手首の脈を触りました。Sさんの脈は細くて緊張していました。咽喉を見て、咽喉に異物感があることがわかりました。舌を見ると、赤い舌をしており、表面には薄い苔がついていました。また、Sさんは体力がなく、上海に来てから毎年インフルエンザに感染することがわかりました。

 

もともと体力が無く心と身体の抵抗力が弱いSさんは、生理前になると情緒が乱れやすくなり、また、咽喉に痰と熱がたまりやすくウィルスに対する抵抗力が弱いためインフルエンザにも感染しやすいのだと古川先生は判断しました。

古川先生はまず、今起きている情緒不安と咽喉の異物感の症状を落ち着かせるための漢方処方を出し、感染症を起こす前に抗ウィルス作用のある生薬を配合しました。

 

一週間後、Sさんの咽喉の異物感が軽減され、情緒、睡眠とも安定してきました。古川先生は生理前の情緒不安を改善する漢方の処方を少し調整してさらに二週間治療を続けました。

二週間後、生理が始まりましたが、悲しくなるなどの情緒不安も軽減されました。その後、生理の周期に合わせて調合を少しずつ変え、免疫力を調節する薬用人参や抗ウィルス作用の生薬も加えながら三か月間服用してもらいました。すると、食欲も出てきて、夜も眠れるようになり、日中の気力も出てきました。

そして、インフルエンザ流行の時期になり、ご主人やお子さんたちは感染しましたが、漢方薬を服用していたSさんは感染することなく流行期間を乗り切ることができました。

 

 


 

 

診察予約はこちら

 

 

 

なんでも相談はこちら

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

 


 

 

■バックナンバー

 

「便秘」の漢方治療・養生法

 

「更年期障害」の漢方治療・養生法

 

「疲労」の漢方治療・養生法

 

「四十肩・五十肩」の治療法

 

「腰痛」の治療法  Part2

 

「咳・喘息」の漢方治療・養生法

 

「めまい」の漢方治療・養生法

 

「首肩の痛み」の鍼灸治療・養生法

 

「乾燥肌」の漢方治療・養生法 

 

「風邪&咳」の漢方治療・養生法

 

「冷え性」の漢方治療・養生法

 

「睡眠障害」の漢方治療・養生法

 

「生理痛」の漢方治療・養生法

 

「アトピー」の漢方治療・養生法

 

「生活習慣病」の予防・養生法

 

「繰り返す下痢」の漢方治療・養生法

 

「むくみ」の漢方治療・養生法

 

「腰痛」の漢方治療・養生法

 

「慢性鼻炎」の漢方治療・養生法

 

「胃痛」の漢方治療・養生法

 

「不妊症」の漢方治療・養生法

 

「長引く咳」の漢方治療・養生法

 

「便秘」の漢方治療・養生法

便秘とは、便の回数が減少する状態です。また、便の回数が減らなくても便が硬く排便しにくかったり、排便してもすっきりしなかったりすることもあります。

便を出すだけではなく、自然に出るように身体の中を整えることが大切です。治療には、漢方の服用と共に生活習慣や食習慣の改善も必要になります。

after

 

【便秘の主なタイプ(中医学)】

 

① 下剤を飲まないと便が出ない

 

② 顔色が悪く、便が硬く出にくい

 

③ 生理前や環境の変化、ストレスなどで便秘になる

 

④ 排便で疲れる

 

⑤ 赤ら顔で吹き出物が多く便秘である

 

※上記以外にも便秘のタイプがあります。便秘でお困りの方は中医師にご相談ください。

 

 

【便秘のタイプ別治療法】

 

① 下剤を飲まないと便が出ない

 

特徴:長期間下剤を飲むことで、腸の働きが低下してしまったタイプです。自然な便意を感じられず、下剤を飲まないと腸が動かず、腸の中に便が長時間滞在するために水分がどんどん吸収され、硬くなります。

 

治療:便通改善の生薬に加えて、排便指導、食事及び運動療法の提案。

 

養生:×アイスクリーム、チョコレート、ドライフルーツなど。  
   ゴボウ、野菜スープ、ゴマ油、はちみつなど。

 

 

② 顔色が悪く、便が硬く出にくい

 

特徴:腸に血液が十分に行きわたらず、腸の潤いが低下しているタイプです。血流も低下し、腸の働きも悪くなりがちです。水分も低下していることもあり、その場合は口が乾いたり、肌が乾燥して粉をふいたりします。このタイプは便が硬く、コロコロとした形になりがちです。

 

治療:血液を補い、腸の血流を改善し、便を柔らかくする生薬に加えて肺からの水分消費を減らす生薬を処方。

 

養生:×四川料理、咳、利尿薬など。
   オクラ、クルミ、オリーブオイルなど。

 

 

③ 生理前や環境の変化、ストレスなどで便秘になる

 

特徴:生理前は子宮周辺の浮腫みにより、腸の動きが阻害されやすい時期です。また、イライラしたり、緊張したりしやすい時期でもあり、それにより腸の働きが低下しやすくなります。便意はあるもののすっきり出ないことが多く、時にゲップが出たり、お腹が張ったりすることもあります。

 

治療:生理前の浮腫みや緊張を和らげ、月経と大腸を健康に保つ生薬を処方。

 

養生:×お酒、不規則な食事、運動不足など。  
   ミント、ヘチマ、セロリなど。

 

 

④ 排便で疲れる

 

特徴:気力、体力ともに衰えているタイプです。便意はあるものの力むことができず、力むと疲れ切ってしまいます。便は硬いわけではなく、普段から疲れやすい傾向にあります。胃腸の働きが弱いので、食物繊維の多いものを食べ過ぎると、消化できずに余計便秘が悪化しやすくなります。このタイプの方が下剤を習慣的に飲むと①のタイプに発展しやすくなります。

 

治療:身体に元気を補い、食欲や活動力を助ける生薬を処方

 

養生:×偏食、大根、過度の疲労など。  
   山芋、ケツメイシ、プルーンなど。

 

 

⑤ 赤ら顔で吹き出物が多く、便秘である

 

特徴:身体に熱がこもり便秘になっているタイプです。暑がりで汗をかきやすく、口が乾き、吹き出物が出やすい傾向にあります。

 

治療:身体にこもった熱を排泄し、腸に潤いを与える生薬と、便を出しやすくする生薬を処方

 

養生:×辛い料理、味の濃い料理、ラム肉、イライラなど。
   アロエ、クロクワイ、ゴマなど。

 

 

【便秘の治療が得意な老中医の診察室】

 

王正中 先生

 

Dr

 

Kさんは、30代の女性です。毎年、秋の乾燥する時期になると便が硬くなり、排便が困難になる傾向にありました。最近一週間は全く排便できず、お腹が冷え痛く、踵の痛み、腰痛の症状もあり辛いとのことで来院されました。

 

王先生はまずKさんの生活や食習慣について質問をしました。寒がりで手足が冷えやすいKさんは、冷えるとトイレに行きたくなるため、慣れない上海で出かけるときには水分をとらないようにしていたのでした。また、甘いもの嗜好があり食後は必ずデザートをとる習慣が10年以上あることがわかりました。

 

次に王先生は手首の脈と舌の状態を確認しました。脈の状態は遅く力がなく、舌全体がむくんでいました。舌の表面には白い苔がたくさん付いていました。 診察の結果、Kさんは身体の元気の源となる臓である「腎」(西洋医学の腎臓そのものではなく、生命力や免疫、若さなどと関係のある臓器)の陽気(温める働き)が弱くなっている状態であると王先生は判断しました。腎の陽気が足りなくなると身体全体の水分代謝とも関係があります。そのため、大腸の潤いがなくなり、乾燥する秋になると症状が悪化していた指摘しました。

 

治療は「腎陽」を補い身体を温め、水代謝を改善する薬と大腸に潤いをあたえ便を柔らかくする漢方薬を服用してもらいました。 同時に王先生はKさんに生活上リズムのアドバイスもしました。食事時間や排便時間の関係があること、適度な運動をすること、睡眠前に蜂蜜を飲むことや身体を温める食べ物を積極的に食べることを薦めました 。

 

Kさんは生活リズムに気を付けながら王先生の処方する漢方薬を飲んだところ、三日後排便があり腰痛や踵の痛みも軽減され、お腹の冷えも気になっていたが少し暖かく感じるようになりました。三カ月後には1~2日に一回は排便できるようになり、手足の冷えは前年の冬よりも改善されるようになりました。

 

 


 

 

診察予約はこちら

 

 

 

なんでも相談はこちら

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

 


 

 

■バックナンバー

 

「更年期障害」の漢方治療・養生法

 

「疲労」の漢方治療・養生法

 

「四十肩・五十肩」の治療法

 

「腰痛」の治療法  Part2

 

「咳・喘息」の漢方治療・養生法

 

「めまい」の漢方治療・養生法

 

「首肩の痛み」の鍼灸治療・養生法

 

「乾燥肌」の漢方治療・養生法 

 

「風邪&咳」の漢方治療・養生法

 

「冷え性」の漢方治療・養生法

 

「睡眠障害」の漢方治療・養生法

 

「生理痛」の漢方治療・養生法

 

「アトピー」の漢方治療・養生法

 

「生活習慣病」の予防・養生法

 

「繰り返す下痢」の漢方治療・養生法

 

「むくみ」の漢方治療・養生法

 

「腰痛」の漢方治療・養生法

 

「慢性鼻炎」の漢方治療・養生法

 

「胃痛」の漢方治療・養生法

 

「不妊症」の漢方治療・養生法

 

「長引く咳」の漢方治療・養生法

 

【終了しました】11/10(金)「風邪対策!漢方と薬膳食事法」セミナー

「こちらのセミナー終了いたしました。」

 

title

 

11/10(金)威寧路にある早文舎中国語教室にて「インフルエンザに負けない!漢方と薬膳食事法」をテーマにしたセミナーを開催!

 

鼻炎の親子写真

 

 

野菜果物イメージ写真

 

・「風邪を引きやすい体質」

・「毎年インフルエンザにかかる子供」

・「治らない鼻炎」など、本当の原因を理解し、

その改善方法や家庭で実践できる養生法、免疫力を高める漢方的食事療法など、

日本人漢方専門家によるお話が聞ける、「参加費無料!」のスペシャル企画です。

人数限定(10名様まで)ですので、お申込みはお早めに!

 

children

 

5分間の個別!漢方無料相談コーナーあり

 

漢方イメージ写真

 


 

black-board

 

心安らぐ薬膳パウンドケーキ&薬膳クッキー&紅茶セットつき

 

red tea

 


 

予約申し込み

 

① お申し込みフォーム

 

■お名前(必須)

 

■メールアドレス(必須)

 

■電話番号(必須)

 

■参加人数(ご本人含め2名以上でご参加の場合は、参加人数とお連れの方全員のフルネームをご記入ください)(必須)

 

■お悩みの症状、ご相談されたい内容

 

 


 

Dr.Illust-after

 

② 電話

 

138-17117-000(古川)

 

15000-62-1500(日本語可)

 

【終了しました】11/2(木)「皮膚の悩みを解決する漢方&食事法」セミナー

「こちらのセミナー終了致しました。」

 

~身体の中からキレイな肌を育てよう!~

 

ribbon

 

古北の人気カフェ「Café & deli natural」にて11/2(木)に「美しい皮膚の再生術」をテーマに「漢方と食事療法」のセミナーを開催。

 

hihunayami

 

kanpotya

 

①皮膚の悩み(肌荒れ・乾燥肌・アレルギー性皮膚炎・アトピー・湿疹・蕁麻疹・吹き出物など)を、身体の中から、漢方で改善する方法

②自分でできる美肌のための漢方的食事療法など、楽しみながら学べる講座です。

 

semina-image

 

5分間の無料!漢方個別相談会付き

 


 

日時:11月2日(木)

   10:00am – 12:30pm

 

場所:Cafe del natural(古北)

 logo

(住所)上海市栄華西道99弄2号101室(×水城路)

(地下鉄)10号線「水城駅」駅 2号出口より徒歩7分

gentei

 

参加費:80RMB

 

★natural特製!美肌のためのランチ★付き

card

 

カフェイメージ写真

 

 *席に限りがございますので、お子様連れのご参加はご遠慮くださいませ。

 

 講師:古川 裕三氏(BODY&SOUL漢方専門医)

 

参加者全員に

★身体スッキリ「無料耳ツボ体験1回

★各自の体質改善の助けになる「薬膳レシピカード

★「方アロマ茶(リラックス)1日分」

★次回ご利用頂ける「Cafe & deli naturalの特別割引チケット

・・・をプレゼント

 


 

予約申し込み

 

① お申し込みフォーム

 

■お名前(必須)

 

■メールアドレス(必須)

 

■電話番号(必須)

 

■参加人数(ご本人含め2名以上でご参加の場合は、参加人数とお連れの方全員のフルネームをご記入ください)(必須)

 

■お悩みの症状、ご相談されたい内容

 

 


 

② 電話

 

15000-62-1500(日本語)

 

138-17117-000(古川)

 

【終了しました】10/25(水)漢方で 「乾燥肌・皮膚のかゆみ・止まらない咳の解決法!」セミナー

「こちらのセミナー終了致しました。」

title

 

“乾燥肌・皮膚のかゆみ・止まらない咳の解決法”を、漢方・中医学の観点から学ぶこのセミナー!

 

sankahi

 kayui

 

・ 乾燥肌による様々な症状を、身体の内側から解決する漢方&食事法
・ 皮膚のかゆみ・アトピー性皮膚炎の漢方的体質改善のしくみ
・ 止まらない咳の症状は、漢方でこんなに解決する!?

 

kansoseki

 

5分間の無料!漢方個別相談会付き

 

講師:古川 裕三先生(BODY&SOUL 漢方専門)

相談コーナー:施 紅 先生(BODY&SOUL 皮膚科・呼吸器科専門)

 


 

場所:浦東:Life Style Center

(住所)上海市民生路1518号金鷹大厦B棟1303階

★地下鉄2号線『上海科技館駅』より徒歩8分

 

日時: 10月25日(水) AM10:00~PM12:00

 

gentei

 

参加費:無料 

 

※薬膳ケーキ&紅茶セットもご用意しております。

 

42924473 - pound cake and tea

 


 

予約申し込み

 

① お申し込みフォーム

 

■お名前(必須)

 

■メールアドレス(必須)

 

■電話番号(必須)

 

■参加人数(ご本人含め2名以上でご参加の場合は、参加人数とお連れの方全員のフルネームをご記入ください)(必須)

 

■お悩みの症状、ご相談されたい内容

 

 


 

② 電話

 

15000-83-7770(日本語)

 

138-17117-000(古川)

 

Next Page >