咳に効く!ツボ押し

【定喘(ていぜん)】

 

teizen

 

定喘は背中側にあります。首を前に倒した時に首の付け根辺りに飛び出る骨の下のくぼみから指一本分離れた両脇が定喘のツボです。

 

その名の通り咳を止めるツボです。このツボがある場所から背骨に沿って肩甲骨の間まで呼吸器系と関わりの深いツボが集まっています。押してみて痛い場所があればゆっくりと揉みほぐしましょう。

 

このツボは咳の他、首肩の痛みや寝違えなどにも効果的です。

 

 

【天突(てんとつ)】

 

tentotsu

 

天突は身体の中心線上にあり、左右の鎖骨の間の真ん中に位置します。

押す時は咽喉に向かって押さずに、鎖骨の間のくぼみに人差し指をひっかけるようにして下向きに押しましょう。

 

このツボは咳や喉の痛みや腫れの他、咽喉が詰まる感じなどに効果的です。

 

 

【孔最(こさい)】

 

kosai

 

孔最は前腕の手のひら側、手首の横ジワと肘の内側の横ジワの間の距離の三分の一ほど肘より手首側で少し親指側寄りにあります。

 

このツボには肺の熱を冷まし、呼吸を整える働きがあり、咳の他、声が出ない時、咽喉の痛み、頭痛、肘や手の関節の痛みなどに効果的です。

 

 


 

保険のこと、漢方、鍼灸治療についての疑問、どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

→なんでも相談はこちら

 

→診察予約はこちら

 

 

老中医の診察室、不安感の漢方治療・養生法

不安になることは誰でもありますが、過度の不安を感じたり、不安がずっと続いたりする場合は治療が必要になることがあります。漢方では身体バランスを整えることで不安を和らげていきます。

huan

 

【不安感の主なタイプ(中医学)】

 

①不安でよく泣く

 

②イライラして怒りっぽいのに不安がある

 

③不安で動悸があり夜も眠れない

 

④不安なことしか考えられず疲れやすい

 

※不安のタイプは他にもあります。症状が出てお困りの方は中医師にご相談ください。

 

 

【不安感のタイプ別治療法・養生法】

 

① 不安でよく泣く

 

特徴:女性に多く、「心」の潤いと血が満たされないことで症状が現れるタイプです。不安と同時に気持ちが焦ったり、すぐに泣きたくなったり、ぼんやりとしたり、眠れなかったり、動悸が出ることもあります。

 

※「心」とは:中医学の「心」とは西洋医学で言う心臓そのものではありません。心臓の働きの他に、興奮や安心など気持ちのコントロールをする働きもあると定義されており、気持ちが落ち着かなかったり、眠れなかったりするなどは「心」の不調が原因である場合があります。

 

治療:甘味のある生薬で緊張を緩和し、「心」を養い安心させる生薬を処方。

 

養生:×唐辛子、わさび、コーヒーなど。
   麦芽糖、棗など。

 

 

② イライラして怒りっぽいのに不安がある

 

特徴:月経前や子育てのお母さんに多い、気持ちが焦りやすくイライラした後、不安に陥るタイプです。ため息が多かったり、ゆううつな気持ちになったり、胸の脇が張ったりすることもあります。

 

治療:心身の緊張を緩和し、心が穏やかになる生薬を処方。

 

養生:×四川料理、羊肉、アイスクリームなど。   
   アーモンド、牛蒡、コーヒーなど。

 

 

③ 不安で動悸を感じ眠れない

 

特徴:陰陽のバランスが悪く、一日のリズムが乱れているタイプです。気持ちが落ち着かず、気が焦ったり、動悸がしたり、不眠になったりすることもあります。

 

※「陰陽」とは:ものの性質を二つに分けた時に、活動性が高い、温度が高い、明るいなどの性質があるものを「陽」に分類し、活動性が少ない、温度が低い、暗いなどに分類されるものを「陰」に分類します。
身体の「陰」が足りなくなると心身を安静に保つことができなくなり、不調として症状が現れます。

 

治療:身体を落ち着かせる陰の成分を補い、不安な心を安定させる生薬を処方。

 

養生:×冷えたビール、辛い物、玉ねぎなど。

   銀杏、オイスター、スッポンなど。

 

 

④  不安なことしか考えられず、疲れやすい

 

特徴:胃腸の働きが悪く、栄養分を吸収できないので気と血が不足し、「心」が満たされなくなって、不安になるタイプです。泣きたくなったり、ビクビクしたりする他、疲れやすく元気がないことが特徴で、食欲が無かったり、お腹の調子が悪かったりすることがあります。

 

治療:胃腸の働きを改善し食欲を調節する、また「心」に血を補う生薬を処方。

 

養生:×大根、苦瓜、生魚など  
   竜眼、グリッシーニ、ウコンなど

 

 

【「不安感」の治療が得意な老中医の診察室】

 

芦田 明日香 先生

 

Dr

 

Aさんは上海に住む40代後半の女性です。最近、特に理由はないのに漠然とした不安があり、睡眠の状態も悪いとのことで受診をされました。

 

芦田先生はAさんの話を良く聞き、質問をしていきました。すると、Aさんは不安の他にイライラしたり泣けてきたりと情緒が不安定で、寝つきが悪く、寝たと思えば悪夢を見るので、朝起きた時にすっきりせず、疲労感が残っていることがわかりました。また、月経の周期も不安定になっていました。手首の脈を触ると、ギターの弦をはじくような緊張した脈をしていました。

 

診察の結果、Aさんは真面目で神経質な性格をしており、物事をあれこれ考えるタイプで、ストレスを受けやすい状態である上に、更年期障害が加わってホルモンバランスも乱れ、症状が悪化していると芦田先生は判断しました。

 

Aさんには心身の緊張を緩和し、胃腸を整える生薬を中心に、血を補いホルモンバランスを整える生薬を組み合わせて服用してもらうことになりました。同時に、自分の思考パターンを知り、その思考にはまり込まないように、思考をストップして穏やかな時間を持つことをアドバイスしました。また、適度な運動や日光浴、規則正しい生活を送ることも大事であると話しました。

 

Aさんが漢方を服用しながらアドバイスに従い生活をすると、一カ月後には寝つきが良くなり、悪夢を見ることが無くなりました。同時に疲労感も薄れて行き、三カ月後には不安になったり情緒が不安定になったりすることもなくなり、治療終了となりました。

 

 


 

 

診察予約はこちら

 

 

 

なんでも相談はこちら

 

 

★保険についてのご質問、漢方ってどうやって飲むの?苦い?

どの先生に診てもらえばいい?などなんでもご質問ください

 

 


 

 

■バックナンバー

 

「インフルエンザ」の漢方治療・養生法

 

「便秘」の漢方治療・養生法

 

「更年期障害」の漢方治療・養生法

 

「疲労」の漢方治療・養生法

 

「四十肩・五十肩」の治療法

 

「腰痛」の治療法  Part2

 

「咳・喘息」の漢方治療・養生法

 

「めまい」の漢方治療・養生法

 

「首肩の痛み」の鍼灸治療・養生法

 

「乾燥肌」の漢方治療・養生法 

 

「風邪&咳」の漢方治療・養生法

 

「冷え性」の漢方治療・養生法

 

「睡眠障害」の漢方治療・養生法

 

「生理痛」の漢方治療・養生法

 

「アトピー」の漢方治療・養生法

 

「生活習慣病」の予防・養生法

 

「繰り返す下痢」の漢方治療・養生法

 

「むくみ」の漢方治療・養生法

 

「腰痛」の漢方治療・養生法

 

「慢性鼻炎」の漢方治療・養生法

 

「胃痛」の漢方治療・養生法

 

「不妊症」の漢方治療・養生法

 

「長引く咳」の漢方治療・養生法

 

【終了しました】12/10(日)「中国本場の鍼&漢方」セミナー

「こちらのセミナー終了致しました。」

 

title

 

日本人漢方専門家が“こころとからだにもっといいこと”を追求して実現した企画!

 

「冬場のつらい肩こり・腰痛の解決法」をテーマに、「中国本場の鍼&漢方」のセミナーを開催!

 

katakori

 

youtsuu

 

・「中国の鍼はどんな感じ?!」

・「五十肩・四十肩の治療方法は?」

・「漢方と鍼灸の意外な相乗効果」

・「長年の腰痛持ちでも改善するの?」

・「冷え、下痢を改善する漢方とは?」

 

など、普段は聞くことができないお話がいっぱい詰まった、1日だけの特別企画セミナーです。自宅でできるツボ押しも一緒に伝授します。

先着10名限定セミナー&相談会!ですので、お申込はお早めに!

 

<5分間の個別!鍼&漢方の無料相談会つき>

 

kanpo

 


 

keitai

 

kaijyou

 

 講師:古川 裕三先生(BODY&SOUL漢方専門)

 

touhi

touhi image

 


 

予約申し込み

 

① お申し込みフォーム

 

■お名前(必須)

 

■メールアドレス(必須)

 

■電話番号(必須)

 

■参加人数(ご本人含め2名以上でご参加の場合は、参加人数とお連れの方全員のフルネームをご記入ください)(必須)

 

■お悩みの症状、ご相談されたい内容

 

 


 

② 電話

 

138-17117-000(古川)

 

15000-62-1500(日本語可)